生年月日データベース

小山内美江子おさないみえこ

脚本家[日本]

1930年 1月8日

小山内 美江子(おさない みえこ、本名:笹平 美江子(ささひら みえこ)、1930年(昭和5年)1月8日 - )は、日本の脚本家である。
代表作には、TBSのテレビドラマ『3年B組金八先生』やNHKの大河ドラマ『徳川家康』『翔ぶが如く』などがある。
来歴・人物 神奈川県横浜市鶴見区の出身であり、鶴見高等女学校(現在の鶴見大学附属高等学校、学校法人総持学園)卒業。
1951年に、映画のスクリプター(記録係)となる。
元々は映画監督を志望していたが、当時は女性では監督は無理だと言われていたため、撮影現場で監督の隣にいられる職を選んだ。
結婚を経て、妊娠(その後、長男の剛〈ごう〉を出産)をきっかけに脚本家に転じた。
初めて脚本を手がけたのは、1962年2月10日放送のNHKのテレビドラマ「テレビ指定席」枠の『残りの幸福』である。
1962年7月31日には、剛を無事に出産し、それを区切りとして離婚した。
その後、現在までに多くの作品を世に送っている。
手がけた作品の中には、教育や子育てへの思いを込めたものがあり、『3年B組金八先生』をはじめ誤算シリーズ(『親と子の誤算』『父母の誤算』)などのテレビドラマによって、教育界でも知られるようになった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    3年B組金八先生 オリジナルサ
    歌手
    TVサントラ
    発売元
    ソニー・ミュージックレコーズ
    発売日
    1996年2月01日
    新品価格
    ¥ 4,400 より
    中古商品
    ¥ 129 より

おさない-みえこ 1930-昭和後期-平成時代の脚本家。昭和5年1月8日生まれ。37年NHKテレビ指定席「残りの幸福」でデビュー。「マー姉ちゃん」「3年B組金八先生」「徳川家康」「翔(と)ぶが如く」などテレビドラマの話題作を多数執筆する。湾岸戦争を機に国際ボランティア活動にとりくみ,平成8年日本女性放送者懇談会SJ賞をうけた。神奈川県出身。鶴見高女卒。本名は笹平(ささひら)美江子。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大河ドラマ
  • エピソード
  • テレビドラマ
  • 作品
  • 先生
  • 共著
  • 単著
  • 執筆
  • 徳川家康
  • 横浜市
  • 神奈川県
  • 著書
  • 金八
  • 関連
  • テレビ
  • 日本放送協会