誕生日データベース

ジョセフ・ワイゼンバウムJoseph Weizenbaum

情報工学者[ドイツ→アメリカ]

1923年 1月8日

ジョセフ・ワイゼンバウム - ウィキペディアより引用

ジョセフ・ワイゼンバウム(Joseph Weizenbaum, 1923年1月8日 - 2008年3月5日)は、ドイツ系アメリカ人でMITの計算機科学の名誉教授を務めていた。
生涯 ドイツのベルリン生まれ。
ユダヤ人の両親のもとに生まれた彼は、1936年にヒトラーの支配するドイツから逃れ、家族と共にアメリカ合衆国に移住した。
米国で1941年に数学を勉強し始めたが、彼の勉学は戦争によって中断された(その間、彼は軍役に服していた)。
その後、数学で修士号を取得。
1952年ごろ、彼はアナログコンピュータに関して仕事をしつつ、ウェイン州立大学のデジタル型コンピュータ開発に関わった。
1956年、ゼネラル・エレクトリック社に就職し、銀行で使われた最初のコンピュータの開発に従事した。
これは ERMA と呼ばれるシステムで、磁気インク文字認識 (MICR) を使って小切手処理を自動化したものである。
その後、1964年にMITで職を得た。
1960年代にはSLIPというプログラミング言語を生み出している。
1966年、ELIZAと呼ばれる単純な自然言語処理プログラムを公表し、カウンセラーを装って人間と対話できることを示した。

■ 関連書籍

「ジョセフ・ワイゼンバウム」と関連する人物

連想語句
  • 生涯
  • コンピュータ
  • ドイツ
  • 大学
  • アナログ
  • アメリカ
  • ウェイン
  • エレクトリック
  • ゼネラル
  • ヒトラー
  • ベルリン
  • ユダヤ人
  • 合衆国
  • 州立
  • 数学
  • 業績
  • 科学
  • 計算機
  • 銀行
  • 開発
  • これ
  • もと
  • アドルフ
  • デジタル
  • マサチューセッツ
  • 両親
  • 中断
  • 仕事
  • 他言語
  • 修士
  • 勉学
  • 勉強
  • 名誉教授
  • 執筆
  • 家族
  • 就職
  • 工科
  • 従事
  • 戦争
  • 支配
  • 新規
  • 最初
  • 移住
  • 米国
  • 翻訳
  • 軍役