誕生日データベース

オトマール・スウィトナーOtmar Suitner

指揮者[オーストリア]

1922年 5月16日

オトマール・スウィトナー - ウィキペディアより引用
オトマール・スウィトナー(Otmar Suitner [ˈɔtmaɐ ˈsviːtnɐ], 1922年5月16日 - 2010年1月8日)は、オーストリアの指揮者。
名はオットマール、姓はスイトナーとも書く。
生涯 ドイツ系の父とイタリア系の母の間に、インスブルックに生まれる。
指揮を地元の音楽大学でクレメンス・クラウスに師事。
1941年からやはり地元インスブルックの歌劇場で副指揮者を務め、第二次世界大戦後はカイザースラウテルンの音楽総監督を皮切りに、初めは西ドイツ各地の歌劇場で活躍する。
1960年にドレスデン国立歌劇場(現・ザクセン州立歌劇場)の、1964年からはベルリン国立歌劇場の音楽監督に就任した頃から東ドイツに活動の軸足を移し、この国の二大国立歌劇場でオペラとコンサートの両面で活躍する。
ベルリンのポストを得た1964年から1967年にはバイロイト音楽祭に初出演し、「タンホイザー」、「さまよえるオランダ人」、「ニーベルングの指環」を指揮した。

■ 映像作品

■ 音楽作品

連想語句
  • 歌劇場
  • ドイツ
  • 生涯
  • 国立
  • インスブルック
  • 指揮者
  • 音楽
  • オーストリア
  • カイザースラウテルン
  • クラウス
  • クレメンス
  • スタイル
  • チロル
  • ベルリン
  • 世界
  • 地元
  • 大戦
  • 活動歴
  • 演奏
  • 監督
  • 西
  • イタリア
  • オットマール
  • オーパー
  • ザクセン
  • スイ
  • ゼンパー
  • トナー
  • ドレスデン
  • 二大
  • 共和国
  • 初め
  • 各地
  • 大学
  • 就任
  • 州立
  • 師事
  • 指揮
  • 民主
  • 活動
  • 活躍
  • 皮切り
  • 軸足