誕生日データベース

神山睦美かみやまむつみ

文芸評論家[日本]

1947年 1月6日

神山 睦美(かみやま むつみ、男性、1947年1月6日 - )は、日本の文芸評論家。
全共闘活動の後、個人学習塾を開く。
その後も、予備校の教壇に立ちながら、在野での思想、評論活動を行う。
団塊の世代をはじめ、文学・哲学の分野の書き手と幅広い研究交流を行なっている。
文芸評論家の加藤典洋、竹田青嗣らと親交がある。
詩、小説、思想と批評対象は多岐にわたり、通常1年交替の図書新聞文芸時評を3年間続けた。
2013年3月17日「吉本隆明さん―逝去一年の会」の事務局代表をつとめ、毎年同日「横超忌」開催の決定に尽力した。
1947年 岩手県水沢市(現・奥州市)生まれ 1965年 岩手県立水沢高等学校卒業 1971年 東京大学教養学部教養学科フランス分科卒業 桐生外語学院、東進ハイスクール、河合塾文理講師などを歴任。
受賞歴 2011年 『小林秀雄の昭和』で第2回鮎川信夫賞。
著作 『夏目漱石論序説』(国文社、1980年) 『成熟の表情-現代詩人論』(砂子屋書房、1981年) 『「それから」から「明暗」へ』(砂子屋書房、1982年) 『陰画(ネガ)としての基層』(砂子屋書房、1983年) 『差異とシステム』(砂子屋書房、1985年) 『シミュレーションとしての事件』(砂子屋書房、1986年) 『吉本隆明論考』(思潮社、1988年) 『家族という経験』(思潮社、1990年) 『服従という思想-他者のあらわれる場所』(思潮社、1994年) 『クリティカル・メモリ -- 死霊異聞』(砂子屋書房、1999年) 『実践国語文章講座』(砂子屋書房、2002年) 『小論文の時事ネタ本(人文・国際・情報系編)』(学習研究社、2003年) 『思考を鍛える論文入門』ちくま新書、2004年) 『夏目漱石は思想家である』(思潮社、2007年) 『読む力・考える力のレッスン』(東京書籍、2008年) 『二十一世紀の戦争』(思潮社、2009年) 『小林秀雄の昭和』(思潮社、2010年) 『大審問官の政治学』(響文社、 ……

■ 関連書籍

連想語句
  • 思想
  • 文芸
  • 世代
  • 予備校
  • 共著
  • 加藤典洋
  • 受賞歴
  • 吉本隆明
  • 哲学
  • 団塊
  • 図書
  • 学習塾
  • 小説
  • 文学
  • 新聞
  • 活動
  • 竹田青嗣
  • 編著
  • 著作
  • 評論
  • 評論家
  • 事務局
  • 交替
  • 交流
  • 代表
  • 会議
  • 個人
  • 全共闘
  • 全学
  • 共闘
  • 分野
  • 同日
  • 在野
  • 多岐
  • 対象
  • 尽力
  • 批評
  • 教壇
  • 時評
  • 書き手
  • 横超
  • 毎年
  • 決定
  • 親交
  • 通常
  • 逝去
  • 開催