誕生日データベース

古川勝ふるかわまさる

競泳選手[日本]

1936年 1月6日

古川勝 - ウィキペディアより引用

古川 勝(ふるかわ まさる、1936年1月6日 - 1993年11月21日)は、和歌山県橋本町(現・橋本市)出身の水泳選手。
「人間ノーチラス」の異名をとった。
ベルリンオリンピック優勝の前畑秀子とは同じ町内の出身。
幼い頃から紀ノ川で水に親しみ、和歌山県立橋本高等学校在学の頃から頭角を現す。
前畑の薦めにより、平泳ぎに専念するようになった。
ヘルシンキオリンピックには派遣されなかったが、同じ年に行われた全日本選手権で、ヘルシンキオリンピック第2位を上回る記録を出す。
その後、日本大学に進学し、水泳部に所属。
同部OBだった葉室鐵夫(ベルリンオリンピック男子200m平泳ぎ金メダリスト)から、世界に勝つために潜水泳法を身につけるようアドバイスを受け、古川は潜水のトレーニングを重ねる。
肺活量が6000cc以上あった古川の潜水は実に45mにも及ぶものであった(他の選手は20m程度)。
これにより古川は世界の第一人者となる。
2年生の1955年には200mで世界記録を樹立した。
1956年に開催されたメルボルンオリンピックの200m平泳ぎに出場。

■ 関連書籍

連想語句
  • オリンピック
  • 古川
  • 平泳ぎ
  • ヘルシンキ
  • ベルリン
  • 世界
  • 潜水
  • メダリスト
  • メルボルン
  • 前畑秀子
  • 吉村昌弘
  • 和歌山
  • 学校
  • 日本大学
  • 橋本
  • 水泳
  • 潜水泳法
  • 県立
  • 葉室鐵夫
  • 記録
  • 選手
  • 高等
  • これ
  • アドバイス
  • トレーニング
  • ノーチラス
  • フィニッシュ
  • ワンツー
  • 中学校
  • 人間
  • 全日本
  • 出場
  • 出身
  • 前畑
  • 古佐田
  • 同部
  • 在学
  • 威力
  • 専念
  • 得意
  • 所属
  • 日本
  • 樹立
  • 派遣
  • 獲得
  • 男子
  • 町内
  • 異名
  • 発揮
  • 直後
  • 程度
  • 第一人者
  • 紀の川
  • 紀ノ川
  • 肺活量
  • 進学
  • 選手権
  • 金メダル
  • 銀メダル
  • 開催
  • 頭角