誕生日データベース

伊藤正いとうただし

住友商事 元社長・元会長[日本]

1922年 1月6日

伊藤 正(いとう ただし、1940年6月2日 - )は日本のジャーナリスト。
産経新聞特別記者兼論説委員。
前中国総局長。
中国報道で知られる。
埼玉県春日部市出身。
東京外国語大学中国語科卒業後、共同通信社に入社し、外信部記者として香港、北京、ワシントンの特派員を務める。
共同通信社時代の北京赴任は1974年から1977年、1987年から1991年の2回にわたり、2度の天安門事件(四五天安門事件、六四天安門事件)をいずれも現地で取材した唯一の西側諸国記者とみられている。
最初の北京赴任から帰国後、四五天安門事件や四人組政変など中国情勢をめぐる分析記事を雑誌メディアを中心に数多く発表。
また中国社会の実相を伝えるルポルタージュを『チャイナ・ウォッチング』(1981年)、『チャイナ・レビュー』(1981年)、『中国の失われた世代』(1982年)などの書籍にまとめた。
当時の中国は対外開放に向け舵を切りつつあったものの、海外メディアに対する取材制限は未だ厳しく、特に一般大衆に対する取材は全く許可されていないという状況だっただけに、大衆の生の声を地道に取材したこれらのルポルタージュは広く注目を集めた。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

「伊藤正」と関連する人物

連想語句
  • 事件
  • 天安門
  • 北京
  • 共同通信社
  • 四五
  • ワシントン
  • 中国
  • 六四
  • 出典
  • 埼玉県
  • 春日部市
  • 書籍
  • 東京外国語大学
  • 著書
  • 西側
  • 記者
  • 諸国
  • 赴任
  • 関連
  • 香港
  • いずれ
  • 中国史
  • 中国語
  • 中華
  • 人民
  • 入社
  • 共和国
  • 出身
  • 分析
  • 卒業
  • 取材
  • 唯一
  • 報道
  • 外信
  • 帰国
  • 情勢
  • 政変
  • 時代
  • 最初
  • 特派員
  • 現地