誕生日データベース

最上義光もがみよしあき

戦国大名[日本]

(天文15年1月1日生)

(ユリウス暦) 1546年 2月1日

1614年 2月26日 死去享年69歳
最上義光 - ウィキペディアより引用
最上 義光(もがみ よしあき)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての出羽国の大名。
最上氏第11代当主。
出羽山形藩の初代藩主。
伊達政宗の伯父にあたる。
関ヶ原の戦いにおいて東軍につき、最上家を57万石の大大名に成長させて全盛期を築き上げた。
兜は、三十八間金覆輪筋兜。
生涯 家督相続まで 天文15年(1546年)1月1日、第10代当主・最上義守と母・小野少将の娘との間に長男として生まれる。
幼名は白寿。
永禄3年(1560年)に元服し(永禄元年1558年とも)、将軍・足利義輝より偏諱を賜り、源五郎義光と名乗った。
この年3月、寒河江城攻めにて初陣を飾っている。
しかしこの寒河江攻めは失敗に終わり、天文の乱において伊達氏からの独立性を回復して以降、推し進められてきた義守の領土拡張策はここに至って頓挫した。
永禄6年(1563年)、義守・義光父子は上洛して将軍・義輝に拝謁し、この時義守・義光父子は幕府より御所号で遇されている。
永禄7年(1564年)には義光の妹・義姫(のちの保春院)が伊達輝宗に嫁ぎ、永禄10年(1567年)には長男・梵天丸(後の伊達政宗)を生むが、この婚姻は後々まで両家に大きな影響を与えることとなる。

■ 関連書籍

連想語句
  • 出羽
  • 戦い
  • 人情
  • 伊達政宗
  • 合戦
  • 同時代
  • 家督
  • 山形
  • 後世
  • 慶長
  • 戦略
  • 政権
  • 文化人
  • 晩年
  • 最上
  • 武略
  • 死後
  • 江戸時代
  • 現代
  • 生涯
  • 相続
  • 統一
  • 義光
  • 藩主
  • 計略
  • 評価
  • 豊臣
  • 逸話
  • 長谷堂
  • 関ヶ原
  • 上家
  • 伯父
  • 全盛期
  • 初代
  • 大名
  • 当主
  • 成長
  • 東軍
  • 系譜