誕生日データベース

島津義弘しまづよしひろ

戦国大名[日本]

(天文4年7月23日生)

(ユリウス暦) 1535年 8月21日

1619年 8月30日 死去享年85歳
島津義弘 - ウィキペディアより引用

島津 義弘(しまづ よしひろ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての薩摩国の武将、大名。
戦国大名の島津義久の弟で、島津氏の第17代当主(後述)。
島津氏18代当主・島津忠恒(のち家久に改名)の父。
後に剃髪して惟新斎(いしんさい)と号しため、惟新公との敬称でも呼ばれた。
武勇の誉れ高く、「鬼島津」の異名で知られ、戦国(安土桃山)時代でも屈指の猛将として当時から有名であった。
生涯 黎明期 天文4年7月23日(1535年8月21日)、島津貴久の次男として生まれる。
はじめ忠平と称したが、後に室町幕府15代将軍・足利義昭から偏諱を賜って義珍(よしたか)と改め、さらに義弘と改めた。
天文23年(1554年)、父と共に大隅国西部の祁答院良重・入来院重嗣・蒲生範清・菱刈重豊などの連合軍と岩剣城にて戦い、初陣を飾る。
弘治3年(1557年)、大隅の蒲生氏を攻めた際に初めて敵の首級を挙げた。
だがこの時、義弘も5本の矢を受け重傷を負った。
永禄3年3月19日(1560年4月24日)、日向国の伊東義祐の攻撃に困惑する飫肥の島津忠親を救う意味で、その養子となって飫肥城に入った。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

しまづよしひろ [生]天文4(1535).鹿児島[没]元和5(1619).7.21.大隅,加治木安土桃山,江戸時代初期の武将。貴久の次男。義久の弟。初名は忠平,のち義珍。号は維新。真幸院飯野に城を構え,日向で伊東,大友氏を破った。天正15(1587)年豊臣秀吉の九州征伐後,義久の跡を継ぎ,薩摩,大隅両国の支配を安堵された。文禄・慶長の役では,特に慶長3(98)年の泗川の戦いに功があった。関ヶ原の戦いには最後まで豊臣方として活躍したが,敗北後も許され,本領は安堵された。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 島津家
  • 当主
  • 大名
  • 島津氏
  • 戦国
  • 勢力
  • 墓所
  • 妻子
  • 存続
  • 家臣
  • 島津忠恒
  • 島津義久
  • 戦い
  • 拡大
  • 政権
  • 晩年
  • 生涯
  • 豊臣
  • 逸話
  • 銅像
  • 関ヶ原
  • 陪臣
  • 霊廟
  • 鬼島
  • 黎明期
  • いしん
  • 出兵
  • 剃髪
  • 安土桃山
  • 家久
  • 屈指
  • 当時
  • 後述
  • 惟新
  • 改名
  • 敬称
  • 新公
  • 時代
  • 有名
  • 朝鮮
  • 武勇
  • 注釈
  • 猛将
  • 異名
  • 誉れ