誕生日データベース

曲直瀬道三まなせどうさん

医師[日本]

(永正4年9月18日生)

(ユリウス暦) 1507年 10月23日

1594年 2月23日 死去享年88歳
曲直瀬道三 - ウィキペディアより引用
『曲直瀬正盛』より : 曲直瀬 道三(まなせ どうさん、永正4年9月18日(1507年10月23日) - 文禄3年1月4日(1594年2月23日))は、戦国時代から安土桃山時代の日本の医師。
道三は号。
諱は正盛(しょうせい)。
字は一渓。
他に雖知苦斎(すいちくさい)、翠竹庵(すいちくあん)、啓迪庵(けいてきあん)など。
本姓は元は源氏、のち橘氏。
今大路家の祖。
日本医学中興の祖として田代三喜・永田徳本などと並んで「医聖」と称される。
養子に曲直瀬玄朔。
父は近江源氏佐々木家庶流の堀部左兵衛親真、母は多賀氏。
母は自身を産んだ翌日に死去し、父もその年の内に戦死している。
なお、『近江栗太郡志』によれば、道三は近江国栗太郡勝部村(現・滋賀県守山市)の佐々木氏一族勝部氏の一門の出とされ、母は目賀田攝津守綱清の娘、諱を正慶とし、父母死別後伯母に育てられたと記されている。
幼少時、守山の大光寺内吉祥院にて学んだ(道三は勝部村に五反の農地を持ち、大成した後一反を大光寺に寄進したと伝えられ、天正5年12月翠竹庵道三著名の寄進状がある)。

■ 関連書籍

連想語句
  • 日本
  • 源氏
  • 関連
  • あん
  • 今大路
  • 佐々木
  • 作品
  • 処方
  • 医師
  • 安土桃山時代
  • 応用
  • 戦国時代
  • 曲直瀬
  • 本姓
  • 永田徳本
  • 田代三喜
  • 近江
  • 道三
  • けい
  • しょうせい
  • すいちく
  • 中興
  • 医学
  • 医聖
  • 啓迪
  • 堀部
  • 左兵衛
  • 庶流
  • 正盛
  • 竹庵
  • 襲名
  • 親真
  • 養子