誕生日データベース

山名宗全やまなそうぜん

守護大名[日本]

(応永11年5月29日生)

(ユリウス暦) 1404年 7月6日

(ユリウス暦) 1473年 4月15日 死去享年70歳
山名宗全 - ウィキペディアより引用
山名 宗全 / 山名 持豊(やまな そうぜん/やまな もちとよ)は、室町時代の武将、守護大名。
家系は新田氏庶流の山名氏。
室町幕府の四職の家柄で侍所頭人。
但馬・備後・安芸・伊賀・播磨守護。
山名時熙の3男で、母は山名氏清の娘。
諱は持豊で、宗全は出家後の法名。
応仁の乱の西軍の総大将として知られ、西軍の諸将からは宗全入道または赤入道と呼ばれていた。
生涯 家督相続 応永11年(1404年)5月29日、山名時熙の3男として生まれる。
同20年(1413年)、10歳で元服、4代将軍足利義持の名の一字を賜り、持豊 を名乗る。
同28年(1421年)12月、初陣として父の従弟に当たる因幡守護山名熙高(ひろたか)と共に備後国人の討伐に向かい、翌29年(1422年)に京都へ戻った。
応永27年(1420年)に長兄満時が死去し、永享3年(1431年)5月には次兄持熙が6代将軍足利義教の勘気を受けて廃嫡されたため、永享5年(1433年)8月9日に家督を相続、但馬・備後・安芸・伊賀4ヶ国の守護大名になった。

■ 関連書籍

連想語句
  • 入道
  • 応仁
  • 生涯
  • 但馬
  • 侍所
  • 備後
  • 嘉吉
  • 安芸
  • 宗全
  • 室町
  • 家督
  • 山名
  • 山名時熙
  • 山名氏清
  • 幕府
  • 性格
  • 播磨
  • 最期
  • 死後
  • 相続
  • 西軍
  • 逸話
  • 関連
  • 隠居
  • 伊賀
  • 伊賀国
  • 出家
  • 守護
  • 家柄
  • 持豊
  • 法名
  • 総大将
  • 頭人