誕生日データベース

隠元隆琦いんげんりゅうき

[中国]

(日本に黄檗宗を伝える)

1592年 12月7日

1673年 5月19日 死去
隠元隆琦 - ウィキペディアより引用

『隠元隆き』より : 隠元 隆琦(いんげん りゅうき、特諡として大光普照国師、仏慈広鑑国師、径山首出国師、覚性円明国師、勅賜として真空大師、華光大師、万暦20年・文禄元年11月4日〈1592年12月7日〉 - 寛文13年4月3日〈1673年5月19日〉)は、明末清初の禅宗の僧。
福建省福州福清県の生まれで、その俗姓は林である。
隠元自身は臨済正宗と称していたが、独特の威儀を持ち、禅とさまざまな教えを兼ね併せる当時の「禅浄双修」の念仏禅や、「禅密双修」の陀羅尼禅を特徴とする明朝の禅である「明禅」を日本に伝えた。
また、道者超元と共に当時の禅宗界に多大な影響を与え、江戸時代における臨済・曹洞の二宗の戒律復興運動等にも大きな貢献をした。
なお、明代の書をはじめとして当時の中国における文化や文物をも伝え、隠元豆の名称に名を残し、日本における煎茶道の開祖ともされる。
生い立ち〜渡来前 1592年、福建省福州府福清県万安郷霊得里東林に生まれる。
俗名は林曽炳。
10歳で仏教に発心する(16歳という説もあり)が、出家修道は母に許されなかった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

いんげんりゅうきYin-yuanLong-qi [生]万暦20(1592).11.4.福州,福清[没]寛文13(1673).4.3.宇治中国,明末の僧,日本黄檗宗の開祖。本名は曾へい(そうへい),子房と号し,僧名を隠元,名を隆琦といった。家貧しく農耕,きこりを業としているうちに若くして母を失った。母の没後,29歳で黄檗山万福寺の鑑源興寿について出家,各地を修行行脚ののち臨済宗を学び,万福寺費隠の跡を継ぎ,承応3(1654)年,63歳で長崎興福寺の逸然(いつねん)の招きにより来朝するまで,臨済禅の宣揚に努めた。来日後は初め興福寺,さらに崇福寺を中心に講苑を開き,明暦1(55)年摂津富田の普門寺に入り,万治1(58)年には江戸で将軍徳川家綱に謁見した。京都でも後水尾天皇の母中和門院に仕えた文英尼の帰依を受け,同尼を通して,天皇はじめ公家の信望を得,同2年には後水尾天皇より宇治に地を賜わり,家綱の上旨もあって寛文3(63)年1月黄檗山万福寺を開いた。のち住持の席を木庵(もくあん)に譲り,隠元は晩年を寺内の松隠堂でおくるが,多くの帰依を受けて寺域は拡張した。82歳で示寂。特に後水尾上皇から大光普照国師の号を賜わった。なお弟子の木庵,鉄牛らとともに関東地方にも黄檗宗を伝えた。黄檗三筆の一人。おもな著作に『黄檗山志』『扶桑会録』がある。 (引用元 コトバンク)

「隠元隆琦」と関連する人物

連想語句
  • 仏教
  • 総合
  • 辞典
  • 日本
  • 当時
  • 渡来
  • 禅宗
  • 寛文
  • 復興
  • 戒律
  • 明代
  • 江戸時代
  • 煎茶
  • 福州
  • 福建省
  • 福清
  • 臨済
  • 運動
  • 道者
  • 隠元豆
  • 黄檗宗
  • さまざま
  • 中国
  • 二宗
  • 俗姓
  • 名称
  • 多大
  • 威儀
  • 影響
  • 念仏
  • 文化
  • 文物
  • 旧暦
  • 明朝
  • 曹洞
  • 曹洞宗
  • 正宗
  • 独特
  • 臨済宗
  • 自身
  • 貢献
  • 開祖
  • 陀羅尼
  • 隠元