生年月日データベース

木村紅美きむらくみ

作家[日本]

1976年 1月5日

木村 紅美(きむら くみ、1976年1月5日- )は、日本の小説家。
宮城県仙台市出身。
宮城県仙台向山高等学校、明治学院大学文学部芸術学科卒業。
1976年、兵庫県尼崎市に生まれる。
その後、神奈川県横浜市、東京都杉並区、福岡県福岡市、千葉県千葉市と転じる。
小学校6年の途中から宮城県仙台市に。
同地で中学校、高等学校を卒業。
大学では四方田犬彦に師事。
ヴィレッジヴァンガード下北沢店に勤務。
2006年、「風化する女」で第102回文學界新人賞受賞。
2008年、「月食の日」で第139回芥川賞候補。
2013年、「夜の隅のアトリエ」で第35回野間文芸新人賞候補。
両親は現在岩手県盛岡市在住。
作品リスト 『風化する女』(2007年、文藝春秋) 「風化する女」(『文學界』2006年6月号) 「海行き」(『文學界』2006年11月号) 『島の夜』(2007年、角川書店) 『イギリス海岸 イーハトーヴ短篇集』(2008年、メディアファクトリー) 『花束』(2008年、朝日新聞出版) 『月食の日』(2009年、文藝春秋) 「月食の日」(『文學界』2008年5月号) 「たそがれ刻はにぎやかに」(『文學界』2009年6月号) 『見知らぬ人へ、おめでとう』(2010年、講談社) 「見知らぬ人へ、おめでとう」(『群像』2010年3月号) 「野いちごを煮る」(『群像』2010年10月号) 「天使」(書き下ろし) 『黒うさぎたちのソウル』(2011年、集英社) 「黒うさぎたちのソウル」(『すばる』2010年6月号) 「ボリビアのオキナワ生まれ」(『すばる』2009年9月号) 『春待ち海岸カルナヴァル』(2011年、新潮社) 『夜の隅のアトリエ』(2012年、文藝春秋) 単行本未収録作品 「ねぐら探し」(『文學界』2007年6月号) 「卵を産む少女」(『小説すばる』2008年6月号) 「ハワイアンブルース」(『すばる』2008年9月号) 「こごえる旅 ……

■ 関連書籍

「木村紅美」と関連する人物

連想語句
  • 作品
  • 学校
  • 高等
  • 仙台市
  • 宮城県
  • リスト
  • ヴィレッジヴァンガード
  • 中学校
  • 仙台
  • 兵庫県
  • 千葉市
  • 千葉県
  • 卒業
  • 単行本
  • 向山
  • 四方田
  • 尼崎市
  • 文学部
  • 明治学院大学
  • 未収録
  • 杉並区
  • 東京都
  • 横浜市
  • 犬彦
  • 神奈川県
  • 福岡市
  • 福岡県
  • 出身
  • 同地
  • 大学
  • 学科
  • 小学校
  • 師事
  • 書籍
  • 芸術
  • 途中
  • 雑貨店