誕生日データベース

沢松和子さわまつかずこ

テニス選手[日本]

1951年 1月5日

沢松 和子(さわまつ かずこ, 1951年1月5日 - )は、兵庫県西宮市出身の元女子テニス選手。
神戸松蔭女子学院大学卒業。
身長174cm、体重61kg、右利き。
日本人初のテニスプロ選手。
1975年のウィンブルドン女子ダブルス部門で、日系人選手のアン清村とペアを組んで優勝し、日本人女子テニス選手として史上初の4大大会タイトルを獲得した名選手である。
シングルスでは日本人女子初のグランドスラムベスト4進出を果たした。
姉の沢松順子もテニス選手で、順子の娘である沢松奈生子は姪にあたる。
選手経歴 沢松家は、和子から見れば祖父の時代からのテニス名門一家だった。
西宮市にあるテニスコートつきの家で、和子と順子の2人姉妹は自然にテニスに親しんでいった。
和子は1967年、16歳の時に第42回全日本テニス選手権と全日本室内テニス選手権で優勝し、同年にジュニアテニス選手の登竜門と言われる「オレンジボウル選手権」の女子シングルスでも優勝を果たす。

連想語句
  • テニス
  • 選手
  • 選手権
  • グランドスラム
  • 優勝
  • 全日本
  • 和子
  • 女子
  • 日本人
  • アン清村
  • ウィンブルドン
  • オレンジ
  • シングルス
  • ボウル
  • 日系人
  • 沢松奈生子
  • 沢松順子
  • 神戸松蔭女子学院大学
  • 西宮市
  • 順子
  • コート
  • ジュニア
  • タイトル
  • ダブルス
  • プロ
  • ベスト
  • ペア
  • 一家
  • 卒業
  • 史上初
  • 右利き
  • 同年
  • 名門
  • 国内
  • 大会
  • 女子初
  • 姉妹
  • 室内
  • 彼女
  • 日本
  • 時代
  • 樹立
  • 沢松
  • 獲得
  • 登竜門
  • 祖父
  • 自然
  • 記録
  • 試合
  • 足掛け
  • 進出
  • 部門