生年月日データベース

寛仁親王ともひとしんのう

皇族[日本]

1946年 1月5日

2012年 6月6日 死去多臓器不全享年67歳
寛仁親王 - ウィキペディアより引用

寛仁親王(ともひとしんのう、1946年(昭和21年)1月5日 - 2012年(平成24年)6月6日)は、日本の皇族。
三笠宮崇仁親王と同妃百合子の第一男子。
今上天皇の従弟、麻生太郎元内閣総理大臣の義弟にあたる。
身位は親王。
皇室典範における敬称は殿下。
お印は柏(かしわ)。
勲等は大勲位。
称号 (現学位)は政治学士(学習院大学)、鈴鹿国際大学名誉客員教授。
そのほか名誉学位として名誉博士(アンカラ大学)の称号を有する。
髭をたくわえた容貌から、「ヒゲの殿下」の愛称で国民に親しまれた。
皇統譜上の記載は「寛」の旧字体である「寛に『、』が付く字」であるため、政府による公式表記及び本人の著述活動においては旧字体が使用されるが、報道等では新字体で表記されることも多い。
生前の住居(寬仁親王邸)は、東京都港区元赤坂二丁目の赤坂御用地内(2013年7月31日より、旧寬仁親王邸は、三笠宮東邸と称している)。
姉に近衛甯子、弟に桂宮宜仁親王と高円宮憲仁親王、妹に千容子がいる。
1946年(昭和21年)1月5日、神奈川県葉山の三笠宮御假寓所にて、三笠宮崇仁親王と百合子妃の第一男子として誕生。

■ 関連書籍

寛仁親王は三笠宮崇仁親王と同妃百合子の第二子、第一男子として1946年1月5日、東京で生まれた。大正天皇の孫、明治天皇の曾孫にあたる。 夫人は信子妃殿下(政治家の麻生太郎氏の妹で、吉田茂元首相の孫)。子は、彬子女王、瑶子女王の2人。姉は近衛やす子(やす子内親王)、弟は桂宮宜仁親王と高円宮憲仁親王、妹は千容子(容子内親王)。 宮号は個人につくものなので、三笠宮寛仁親王とするのは誤用。 学習院大学法学部卒業。豪放磊落な性格で知られ、その風貌から「ヒゲの殿下」とも呼ばれる。 信子妃殿下とは1980年11月7日に結婚。近年は夫婦仲が悪化していることをニューヨークタイムズのインタビューで認めている。 近年の皇室典範改正問題では、女系継承反対を唱えている(男系の女帝は容認)。天皇家の男系子孫にあたる旧宮家の男子のうち適当な者を皇室に復帰させるべしとの考えを示している。側室制度の復活についても原理的には賛成だが実現は困難としている。 アルコール依存症であり、治療中であることを公表している。 2012年1月に東京都千代田区佐々木研究所付属杏雲堂病院に入院。同年6月6日に薨去。66歳だった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 名誉
  • 親王
  • 学位
  • 崇仁
  • 旧字体
  • 殿下
  • 称号
  • お印
  • アンカラ
  • 三笠宮
  • 住居
  • 内閣
  • 勲等
  • 博士
  • 大勲位
  • 大学
  • 大臣
  • 学士
  • 学習院大学
  • 客員
  • 政府
  • 政治
  • 教授
  • 敬称
  • 百合子
  • 皇室典範
  • 皇族
  • 皇統譜
  • 総理
  • 義弟
  • 鈴鹿国際大学
  • 麻生太郎
  • いとこ
  • かしわ
  • カシワ
  • ヒゲ
  • 今上天皇
  • 使用
  • 公式
  • 報道
  • 字体
  • 容貌
  • 従弟
  • 愛称
  • 日本
  • 明仁
  • 本人
  • 活動
  • 生前
  • 男子
  • 著述
  • 記載