誕生日データベース

戸山為夫とやまためお

競馬調教師[日本]

1932年 1月5日

戸山 為夫(とやま ためお、1932年1月5日 - 1993年5月29日)は、京都府久世郡淀町(現・京都市伏見区)出身の元騎手(国営競馬、日本中央競馬会(JRA))、元調教師(日本中央競馬会)。
徹底したハードトレーニングで競走馬を鍛えた調教師として知られる。
少年時代~騎手時代 実家が淀にあり、京都競馬場に近く、近所に競馬関係者が多く住んでいたため、少年時代から頻繁に同競馬場内に立ち寄っていたという。
場内で当時見習騎手だった小林稔(のちの調教師)に誘われて馬に乗ったのをきっかけに騎手を志した。
京都市立四條商業高等学校(廃校)在学当時から武平三騎手の内弟子となり、高校卒業後の1949年に高橋直三厩舎で騎手候補生となる。
1950年、坂口正二厩舎へ。
1952年に騎手免許取得。
障害競走を中心に騎乗し、アラブ大障害を3度制覇した。
調教師転向 騎手としては身長が高く減量に苦しんだこともあって、若くして調教師転向を決意。
1964年3月1日に調教師免許を取得して厩舎を開業し同年3月22日管理馬初出走(ヨシミ7着)、同年5月31日にイエロラツキで初勝利(延べ17頭目)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

元JRA調教師。元騎手。栗東トレーニングセンター所属。故人。 1932年1月5日生まれ、1950年初騎乗。1964年に調教師免許を取得。1968年タニノハローモアでダービートレーナーに。インターバル調教や今や常識となった坂路コースでの調教などをいち早く取り入れ、鍛えて最強馬を作るという理論でミホノブルボンなど多くの名馬を育てあげた。1993年5月29日に肝不全のため逝去。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 調教師
  • 時代
  • 騎手
  • 日本中央競馬会
  • エピソード
  • ミホノブルボン
  • 京都市
  • 人生
  • 伏見区
  • 出典
  • 勝利
  • 厩舎
  • 受賞歴
  • 国営
  • 少年
  • 成績
  • 所属者
  • 最強
  • 淀町
  • 競走
  • 競馬
  • 管理
  • 著書
  • 転向
  • 重賞
  • 集大成
  • トレーニング
  • ハード
  • 出身
  • 徹底