誕生日データベース

小原日登美おばらひとみ

レスリング選手[日本]

(旧姓・坂本)

1981年 1月4日

小原日登美 - ウィキペディアより引用

小原 日登美(おばら ひとみ(旧姓・坂本)、1981年1月4日 - )は、日本の女子レスリング選手。
2012年ロンドンオリンピック女子レスリング48kg級・金メダリスト。
青森県八戸市出身。
陸上自衛官(2012年8月現在の階級は1等陸尉)。
女子レスリング48kg級の坂本真喜子は妹、また女子レスリング67kg級の坂本襟はいとこである。
身長155cm。
八戸工業大学第一高等学校-中京女子大学(現・至学館大学)卒。
青森・八戸キッズでレスリングに取り組み、1998年に全国高校生選手権50kg級で優勝。
1999年に全日本女子学生選手権51kg級と全日本選手権で優勝。
2000年はアジア選手権で勝ったあと世界選手権で優勝。
2001年に世界選手権連覇を達成した後、ひざの手術などで戦列を離れたが、2004年に復帰し、カナダカップとワールドカップで優勝した。
2005年はワールドカップの出場を逃したものの、アジア選手権で優勝し、世界選手権で4年ぶりに優勝。
全日本選手権でも勝利した。
同年に第44期特体学生として自衛隊に入隊し自衛隊体育学校に所属する。

■ 関連書籍

レスリング選手(女子51kg級→55kg級→48kg級)。旧姓は坂本。 1981年1月4日生まれ。青森県出身。 妹の坂本真喜子もレスリング選手(女子48kg級)。 世界選手権では非五輪階級の51kg級で2008年までに6度の優勝を果たした。 2008年北京オリンピックに出場するためには、55kg級に階級を上げる必要があったが、女王・吉田沙保里の壁を越えられず、五輪出場を逃した。その後、現役引退を表明したが、妹真喜子の結婚・引退を機に、2009年に48kg級で現役復帰した。 2010年10月、元レスリング選手の小原康司と結婚し、坂本姓から小原姓となる。 世界選手権48kg級で2010年、2011年と連覇。2011年全日本選手権でも優勝し、2012年ロンドンオリンピック日本代表に選出、金メダルを獲得している。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • レスリング
  • 選手権
  • 女子
  • 世界選手権
  • 優勝
  • 全日本
  • いとこ
  • オリンピック
  • ロンドン
  • 八戸工業大学
  • 八戸市
  • 坂本真喜子
  • 坂本襟
  • 大学
  • 学校
  • 自衛官
  • 至学館
  • 関連
  • 陸上
  • 陸尉
  • 青森県
  • 高等
  • あと
  • ひざ
  • アジア
  • キッズ
  • メダリスト
  • 中京女子大学
  • 全国
  • 八戸
  • 出身
  • 大会
  • 学生
  • 現在
  • 連覇
  • 達成
  • 階級
  • 青森
  • 高校生