生年月日データベース

ゲルハルト・ヘルツベルクGerhard Herzberg

化学者[ドイツ→カナダ]

1904年 12月25日

1999年 3月3日 死去享年96歳
ゲルハルト・ヘルツベルク - ウィキペディアより引用

ゲルハルト・ヘルツベルグ(Gerhard Herzberg, 1904年12月25日 – 1999年3月3日)は理論的および実験的な化学の分野を発展させた化学者である。
ドイツで生まれ、1935年にカナダに亡命している。

ヘルツベルグは分光学を発展させ、ラジカル (化学) ラジカルと呼ばれる不安定な分子の電子状態の構造および原子核の配向を解明する方法を開発した。
その功績により1971年にノーベル化学賞を受賞している。

化学においては、彼の発見した分光学的な情報によって不安定な分子の分析が可能になり、反応機構 化学反応素過程の解明が進んだ。
天文学においては天体望遠鏡を用いて観測されたスペクトルを解析する土台となった。
小惑星(3316)のヘルツベルク (小惑星) ヘルツベルクは、彼の名を取り命名された。

連想語句
  • 化学
  • 分光学
  • ヘルツベルク
  • 分子
  • 惑星
  • オタワ
  • カナダ
  • スペクトル
  • ドイツ
  • ノーベル
  • ハンブルク
  • ヒトラー
  • ラジカル
  • 不安定
  • 原子核
  • 反応
  • 受賞歴
  • 天体
  • 天文学
  • 帝国
  • 望遠鏡
  • 状態
  • 解明
  • 電子
  • 一部
  • 亡命
  • 内閣
  • 分析
  • 功績
  • 受賞
  • 可能
  • 命名
  • 土台
  • 政権
  • 方法
  • 構造
  • 樹立
  • 機構
  • 発展
  • 発見
  • 観測
  • 解析
  • 過程
  • 配向
  • 開発