生年月日データベース

ピエール・スーラージュPierre Soulages

画家彫刻家画家[フランス]

1919年 12月24日 生 (満98歳)

ピエール・スーラージュ - ウィキペディアより引用

ピエール・スーラージュ(Pierre Soulages, 1919年12月24日 - )はフランスの画家、彫刻家、版画家。

1919年に南フランス・アヴェロン県ロデーズで生まれる。
スーラージュは、別名「黒のペインター」とも呼ばれる。

第二次世界大戦の前に、スーラージュはパリで彼の職業を探すために美術館を巡った。
そして、戦時兵役の後、彼はパリでスタジオを開設。
1947年に Salon des Surindépendants で彼の初の個展。
また、舞台装置のデザイナーとしての仕事も行なう。

1987年から1994まで、彼はコンク村 :en:Conques Conques(アヴェロン県)の Sainte-Foy romanesque 教会の104のステンドグラスウインドウを製作。
1979年にアメリカ芸術文学アカデミーの国外の名誉メンバーになる。

フランスの画家
フランスの彫刻家

連想語句
  • 解説
  • 反射
  • スーラージュ
  • パリ
  • 世界
  • 可能
  • 色彩
  • アヴェ
  • ロデーズ
  • ロン
  • 作品
  • 個展
  • 受賞歴
  • 大戦
  • 美術館
  • 興味
  • 舞台
  • 装置
  • あり方
  • すべて
  • それら
  • アンデパンダン
  • コペンハーゲン
  • サロン
  • スタジオ
  • デザイナー
  • ニューヨーク
  • フランス
  • ミュンヘン
  • 両方
  • 以前
  • 兵役
  • 変化
  • 変質
  • 対象
  • 展示会
  • 暗闇
  • 最初
  • 様相
  • 版画家
  • 画家
  • 皮切り
  • 精神
  • 職業
  • 自分
  • 表面
  • 開催
  • 開設
  • 黒色