誕生日データベース

ジャン=ルイ・ポンJean-Louis Pons

文学者[フランス]

(最多の37個の彗星を発見)

1761年 12月24日

1831年 10月14日 死去享年71歳
ジャン=ルイ・ポン - ウィキペディアより引用
ジャン=ルイ・ポン(Jean-Louis Pons、1761年12月24日 – 1831年10月14日) はフランスの天文学者である。
1801年から1827年にかけて37個の彗星を発見した。
これは歴史上の彗星発見者の中で最多である。
姓はポンスとも表記する。
ポンはフランス・オート=アルプ県のペイル(Peyre)に生まれた。
家は貧しかったが独学で天文学を学んだ。
1789年にマルセイユ天文台に入り、1819年にはイタリアのルッカ近くに作られた新しい天文台の所長となった。
1825年にフィレンツェのスペコーラ博物館付属天文台に移った。
1818年には1年間に3個の彗星を発見した功績により、フランス科学アカデミーからラランド賞を受賞した。
1827年から視力が衰え始め、1831年に引退して間もなくフィレンツェで没した。
彼が残した資料は、現在フィレンツェのガリレオ博物館に保管されている。
ポンは5個の周期彗星を発見しているが、今日彼の名前で呼ばれているのはそのうち3個である。
彼の発見した周期彗星の一つに、1818年11月26日に発見したエンケ彗星がある。

「ジャン=ルイ・ポン」と関連する人物

連想語句
  • 彗星
  • エンケ
  • 発見
  • フィレンツェ
  • 天文台
  • フランス
  • ポン
  • 博物館
  • 周期
  • アカデミー
  • アルプ
  • オート
  • ガリレオ
  • スペコーラ
  • フランツ
  • マルセイユ
  • ヨハン
  • ラランド
  • ルッカ
  • 名前
  • 科学
  • これ
  • イタリア
  • クロンメリン
  • ペイル
  • ポンス
  • 一つ
  • 今日
  • 付属
  • 保管
  • 功績
  • 受賞
  • 天文学
  • 引退
  • 所長
  • 最多
  • 歴史
  • 独学
  • 現在
  • 発見者
  • 美術館
  • 視力
  • 計算
  • 資料
  • 軌道
  • 近く