誕生日データベース

東峰夫ひがしみねお

作家[日本]

1938年 5月15日

東 峰夫(ひがし みねお、1938年5月15日 - )は日本の小説家。
本名、東恩納常夫。

フィリピンのミンダナオ島に生まれ、1945年、敗戦に伴って日本へ帰国。
大分県大野郡 (大分県) 大野郡大野町 (大分県) 大野町(現在の豊後大野市)に住む。
1946年6月に父祖の地である沖縄本島 沖縄へ移住。
1952年3月からコザ市(現在の沖縄市)に住む。
1956年に沖縄県立コザ高等学校を2年で中退。
その理由について東は「レフ・トルストイ トルストイを読みすぎた」「トルストイに較べて、学校の授業はつまらなかった」と述べている上原隆『友がみな我よりえらく見える日は』p.83(学陽書房、1996年)。

オキナワの少年 文藝春秋, 1972(のち文庫)
ちゅらかあぎ 文芸春秋, 1976
大きな鳩の影 中央公論社, 1981

■ 関連書籍

連想語句
  • コザ
  • 大分県
  • 沖縄
  • トルストイ
  • 学校
  • フィリピン
  • ミンダナオ島
  • 嘉手納
  • 基地
  • 大野町
  • 大野郡
  • 就職
  • 沖縄市
  • 現在
  • 県立
  • 著書
  • 豊後大野市
  • 集団
  • 高等
  • ブロック
  • レフ
  • 上京
  • 中退
  • 勤務
  • 千代田
  • 帰国
  • 授業
  • 敗戦
  • 日本
  • 本島
  • 東京
  • 東京都
  • 父祖
  • 理由
  • 看板屋
  • 神田
  • 移住
  • 辞職