生年月日データベース

村野藤吾

建築家[日本]

1891年 5月15日

村野藤吾 - ウィキペディアより引用

村野 藤吾(むらの とうご、1891年5月15日 - 1984年11月26日)は、日本の建築家。
佐賀県唐津市で代々船問屋を営む家に生まれ、福岡県北九州市で育った。
1910年、福岡県小倉工業学校(現小倉工業高校)機械科を卒業後、八幡製鐵所に入社。
1911年から2年間にわたる従軍中、学問に興味を持ち、1913年、早稲田大学理工学部電気工学科に入学。
しかし、自分には向かないと考え、1915年、同大建築学科へ転学。
27歳で卒業した。
1918年、渡辺節建築事務所に入所。
日本興業銀行本店、ダイビル本館、綿業会館等の設計に携わった。
渡辺からは、建築に費用を惜しまないことが客を呼び、ひいては施主の利益になることを叩き込まれる。
1929年、渡辺節建築事務所を退所し、村野建築事務所開設。
日中戦争・第二次世界大戦中は実作の機会は少なく、不遇の時期を過ごした。
1949年、村野・森建築事務所に改称。
1955年、日本芸術院会員。
1967年、文化勲章受章。
日本芸術院賞、日本建築学会賞など受賞多数。
代表作の一つ、日生劇場(1963年築)は花崗岩で仕上げた古典主義的な外観やアコヤ貝を使った幻想的な内部空間などが、当時の主流であったモダニズム建築の立場から「反動的」といった批判も受けた。

■ 関連書籍

むらのとうご [生]1891.5.15.唐津[没]1984.11.26.宝塚建築家。1918年早稲田大学卒業。大阪の渡辺節建築事務所を経て,29年に独立。以後,一つのスタイルにこだわらず,自由な造形活動を行なった。日本芸術院会員,日本建築家協会会長,イギリス王立建築学会名誉会員,アメリカ建築家協会名誉会員。文化勲章(1967)その他多くの賞を受賞。主な作品に広島世界平和記念聖堂(53),大阪新歌舞伎座(58),横浜市庁舎(59),京都都ホテル佳水園(59),早稲田大学文学部校舎(62),日本生命日比谷ビル(63),宝塚カトリック教会(67),兵庫県立近代美術館(70),日本ルーテル神学大学(70),箱根プリンスホテル(78),新高輪プリンスホテル(82)などがある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 八幡
  • 関連
  • 小倉
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 作品
  • 八幡東区
  • 北九州市
  • 受賞
  • 唐津市
  • 学校
  • 工業
  • 東松浦郡
  • 注釈
  • 製鐵所
  • 近年
  • 遠賀郡
  • すぐ
  • 一男
  • 両親
  • 乳母
  • 代々
  • 入社
  • 卒業
  • 学問
  • 島村
  • 工業高
  • 従軍
  • 早稲
  • 早稲田大学
  • 機械
  • 満島
  • 生後
  • 県立
  • 福岡
  • 興味
  • 船問屋
  • 高校