誕生日データベース

高柳昌行たかやなぎまさゆき

ミュージシャン[日本]

1932年 12月22日

高柳 昌行(たかやなぎ まさゆき、1932年12月22日 - 1991年6月23日)は、日本のフリー・ジャズ・ギタリスト。
東京都出身。
フリー・ジャズに影響を受け、実験的な即興演奏を追求した。
19歳でプロとして活動開始。
1950年代末期から銀座のシャンソン喫茶「銀巴里」で、「新世紀音楽研究所」という音楽家集団の中心人物として活動。
1960年4月、横浜でヘロイン3包を所持しているところを現行犯逮捕される。
1960年6月、懲役10月、執行猶予2年の有罪判決を受ける。
1960年7月にも麻薬で現行犯逮捕されたが、裁判官に才能を惜しまれて異例のダブル執行猶予を勝ち取る。
しかし1961年11月、2度目の執行猶予中に麻薬取締法違反で起訴。
1962年に実刑判決を受け、1年間の刑期に服する。
1969年に、吉沢元治(ベース)、豊住芳三郎(ドラムス)とのニュー・ディレクションで初のリーダー作「INDEPENDENCE」を発表。
1970年には、コンサート「解体的交感」にて阿部薫と共演。
1980年に、ドイツのメールスで行われたジャズ・フェスティバルに出演。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

JOJO。1932年12月22日、東京・芝に生まれる。1991年6月23日、肝不全のため東京新宿区の慶応義塾大学病院で永眠、享年58歳。  (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ジャズ
  • 執行猶予
  • アルバム
  • ギタリスト
  • グラフィ
  • ディスコ
  • ビデオ
  • フリー
  • ヘロイン
  • 即興
  • 東京都
  • 活動
  • 演奏
  • 現行犯
  • 著書
  • 評価
  • 逮捕
  • 銀座
  • 麻薬
  • ところ
  • シャンソン
  • ダブル
  • プロ
  • リー
  • 世紀
  • 中心
  • 出身
  • 判決
  • 取締法
  • 喫茶
  • 巴里
  • 影響
  • 懲役
  • 所持
  • 才能
  • 有罪
  • 末期
  • 横浜
  • 異例
  • 研究所
  • 裁判官
  • 起訴
  • 追求
  • 違反
  • 開始
  • 集団
  • 音楽
  • 音楽家