誕生日データベース

ハインリヒ・ベルHeinrich Theodor Böll

作家[西ドイツ]

1917年 12月21日

1985年 7月16日 死去
ハインリヒ・ベル - ウィキペディアより引用
ハインリヒ・テオドール・ベル(Heinrich Theodor Böll, 1917年12月21日 - 1985年7月16日)は、ドイツの作家。
1972年にノーベル文学賞を受賞。
作品や発言はドイツ国内で大きな社会的影響力を持った。
生涯 ドイツのケルンで、町工場を営む家具職人の息子としてカトリック教徒の一家に生まれる。
彼は1933年にナチスが政権につき、ギムナジウムの同級生の大多数がヒトラー・ユーゲントに加わる中で不参加を守り続けた。
高校卒業後、本屋に弟子入りし、その後ケルン大学でドイツ語を研究した。
1939年にドイツ国防軍に召集され、第二次世界大戦中はフランス、ルーマニア、ハンガリー、ソ連を転戦し、それらの戦地で四度の負傷をし、1945年4月にアメリカ軍に捕らえられ捕虜収容所に送られた。
しかし、彼は凍傷で足の指を全て失い、生涯病院への通院を余儀なくされた。
休暇中の1942年に結婚し、息子が生まれたが1945年に亡くしている。
戦後1946年から短編小説を書き始め、1949年に最初の長編小説『汽車は遅れなかった』を出版、1951年に『Die schwarzen Schafe』で47年グループ賞を受賞、1953年の『そして一言も言わなかった』でその名声を広める。

■ 関連書籍

連想語句
  • 生涯
  • ケルン
  • ドイツ
  • 作品
  • アメリカ軍
  • カトリック
  • ナチス
  • ノーベル
  • ハンガリー
  • ヒトラー
  • フランス
  • ユーゲント
  • ルーマニア
  • 世界
  • 国防
  • 大学
  • 大戦
  • 文学
  • 日本語訳
  • 著作
  • それら
  • ギムナジウム
  • ソビエト
  • ソ連
  • ドイツ語
  • 一家
  • 不参加
  • 卒業
  • 受賞
  • 召集
  • 同級
  • 国内
  • 多数
  • 家具
  • 弟子入り
  • 影響力
  • 息子
  • 戦地
  • 政権
  • 教会
  • 教徒
  • 本屋
  • 町工場
  • 発言
  • 社会的
  • 職人
  • 負傷
  • 転戦
  • 連邦
  • 高校