生年月日データベース

埴谷雄高はにやゆたか

評論家[日本(台湾)]

1909年 12月19日

埴谷雄高 - ウィキペディアより引用

埴谷 雄高(はにや ゆたか、1909年(明治42年)12月19日 - 1997年(平成9年)2月19日)は、日本の政治・思想評論家、小説家。
本名般若豊(はんにゃ ゆたか)。
来歴・人物 台湾の新竹に生まれる。
子供の頃から身体が弱く、常に死を身近に感じていたという。
子供心に台湾において「支配者としての日本人」を強く意識し、罪悪感を覚えていた。
青年期に思想家マックス・シュティルナーの主著『唯一者とその所有』の影響を受け、個人主義的アナキズムに強いシンパシーを抱きつつ、ウラジーミル・レーニンの著作『国家と革命』に述べられた国家の消滅に一縷の望みを託し、マルクス主義に接近、日本共産党に入党し、もっぱら地下活動(農民団体「全農全会派」のオルグ活動)に従事。
検挙後埴谷は未決囚として豊多摩刑務所に収監され、形式的な転向によって釈放された。
獄中ではカント、ドストエフスキーから圧倒的な影響を受けたという(ロシア文学については早くから影響を受け思索を強めていたものの、この時期を経てドストエフスキーを第一に挙げるようになり、実際に多くのドストエフスキー論を著している)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

小説家、評論家、革命家。 …ちなみに右の写真は、恐らく戦後間もない頃のものではないか?…我々のうちのより多くの者達の「通念」からすれば、異様に若いのである! (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 台湾
  • 共著
  • 単著
  • 子供
  • 対談
  • 小説家
  • 思想
  • 批判
  • 政治
  • 新竹
  • 編著
  • 翻訳
  • 著書
  • 評価
  • 評論家
  • 逸話
  • 関連
  • はんにゃ
  • ゆたか
  • 思想家
  • 意識
  • 支配者
  • 日本人
  • 本名
  • 罪悪感
  • 般若
  • 身体
  • 身近
  • 青年期