生年月日データベース

安藤美姫あんどうみき

フィギュアスケート選手[日本]

1987年 12月18日

安藤美姫 - ウィキペディアより引用

安藤 美姫(あんどう みき、ラテン文字:Miki Ando, 1987年12月18日 - )は、日本の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。
2002年のジュニアグランプリファイナルにおいて、ISU公式大会で女子選手として史上初の4回転ジャンプを成功させた。
主な実績に2007年・2011年世界選手権各優勝、2010年バンクーバーオリンピック5位、2006年トリノオリンピック日本代表(15位)。
世界ジュニア選手権・2011年四大陸選手権各優勝、全日本選手権3回優勝(2003年・2004年・2010年)など。
愛知県名古屋市出身。
名古屋市立見付小学校、名古屋市立城山中学校、中京大学附属中京高等学校卒業。
これまでの所属クラブは名東FSC、オリオンFSC。
高校卒業後はトヨタ自動車に入社し、同時に中京大学体育学部に社会人学生として入学、2011年(平成23年)3月に卒業した。
スケート教室入会の直後に父親を亡くしている。
トリノオリンピックシーズンのショートプログラムでは父親に捧げる「戦場のメリークリスマス」を選曲。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

元フィギュアスケート選手(女子シングル)。世界フィギュア2011 金メダル。 愛称は「ミキティ」*1「アンミキ」 2002年12月、ISUジュニアグランプリファイナルにてISU公式戦で女子シングル史上初の4回転サルコウジャンプに成功した。 女子シングルの選手としてISU公式戦において四回転ジャンプを成功させたのは、世界でも安藤美姫ただひとりである(2011年5月現在) 2006年トリノオリンピックは15位と不本意な成績に終る。 2006-2007シーズン、コーチをニコライ・モロゾフに変え、世界選手権初優勝を果たす。 2007-2008シーズンは肩の故障などで不調が続き、世界選手権ではフリースケーティング途中で異例の棄権に終わった。 2010年 バンクーバーオリンピック5位入賞。 2010-2011シーズンは6年ぶり3度目の全日本選手権優勝、四大陸選手権で女子シングル史上4人目の200点越えを達成、4年ぶり2度目の世界選手権優勝。 2011年5月時点では、ISU World Standings 1位。 2011-12年シーズングランプリ(GP)シリーズは欠場。 2013年1月1日、トヨタ自動車を退社。 2013年4月に第一子となる女児を出産。 2013年12月、第82回全日本フィギュアスケート選手権において7位に終わり、ソチオリンピックの出場権を獲得できなかったことを受けて、現役引退を表明。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • フィギュアスケート
  • 選手権
  • オリンピック
  • ジュニア
  • 世界
  • 優勝
  • 全日本
  • グランプリ
  • シングル
  • トリノ
  • バンクーバー
  • 四大
  • 女子
  • 競技
  • 選手
  • ジャンプ
  • スケーティング
  • スケート
  • ファイナル
  • 世界選手権
  • 代表
  • 公式
  • 史上初
  • 回転
  • 国際
  • 大会
  • 実績
  • 成功
  • 日本
  • 連盟