生年月日データベース

福永洋一ふくながよういち

競馬騎手[日本]

1948年 12月18日

福永洋一 - ウィキペディアより引用

福永 洋一(ふくなが よういち、1948年12月18日 - )は日本中央競馬会 (JRA) に所属した騎手。
※兄の福永甲、福永二三雄、福永尚武や息子の福永祐一と区別するため、本文中はとくに「洋一」と表記する。
少年時代 1948年、高知県高知市に生まれる。
実家はかつて土地一帯の地主であったが、太平洋戦争後にGHQが発令した農地解放政策などにより没落し、洋一出生時には困窮を極めていた。
父は放蕩癖のある人物であり、1953年に母が失踪し、以降は姉により育てられた。
その姉は公営・高知競馬場所属の騎手・松岡利男と結婚し、福永家と競馬界との関係が築かれた。
次いで長兄・甲(はじめ)が、中学校卒業後に日本中央競馬会・京都競馬場の武平三厩舎に入門、次兄の二三雄、三男の尚武もそれぞれ公営の大井、船橋で騎手となった。
ひとり残った洋一はそのまま高知で父と暮らしていたが、父は1957年に脳溢血で死去。
これを受け、洋一は姉が嫁いだ松岡家に身を寄せた。
以降の少年時代は、高知競馬場内の厩舎で手伝いをしながら過ごした。

■ 映像作品

■ 関連書籍

元JRA騎手。 変幻自在の騎乗ぶりで“天才”と呼ばれた、JRA史上に残る伝説のジョッキー。同期には「馬事公苑花の15期生」と呼ばれた、岡部幸雄、柴田政人、伊藤正徳が居る。1948年(昭和23年)12月18日生まれ。生涯成績5086戦983勝。 1970〜78年に、9年連続リーディングジョッキー獲得(78年の126勝、79年の131勝は当時の年間最多勝利記録。この記録は87年の岡部幸雄136勝まで抜かれない)という驚異的な成績を残す。しかし1979年マリージョーイ号に騎乗して臨んだ毎日杯で落馬負傷、騎手引退を余儀なくされる。2004年JRA創立50周年による「調教師、騎手への顕彰」を受け殿堂入り。 三人の兄が居るがそれぞれ 福永甲(JRA調教師) 福永二三雄(大井調教師) 福永尚武(元船橋騎手) という競馬ファミリーであり、長男の福永祐一はJRA騎手。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 騎手
  • 時代
  • 競馬
  • ジョッキー
  • リハビリ
  • リーディング
  • 事故
  • 創設
  • 四季報
  • 少年
  • 救命
  • 新人
  • 概説
  • 活動
  • 生活
  • 福永祐一
  • 能力
  • 落馬
  • 記念
  • 評価
  • 身体
  • 長所
  • 馬事公苑
  • 騎乗
  • 区別
  • 本文
  • 洋一