生年月日データベース

リーナス・トーバルズLinus Torvalds

コンピューター技術者[フィンランド]

(Linuxを開発)

1969年 12月28日

リーナス・トーバルズ - ウィキペディアより引用

リーナス・ベネディクト・トーバルズ(Linus Benedict Torvalds、1969年12月28日 - 、Sv-Linus Torvalds.ogg [ˈliːnɵs ˈtuːrvalds])はフィンランド、ヘルシンキ出身のプログラマ。
Linuxカーネルを開発し、1991年に一般に公開したことで有名。
その後も、公式のLinuxカーネルの最終的な調整役(もしくは「優しい終身の独裁者」)を務める。
アンドリュー・タネンバウムが開発したカーネルとオペレーティングシステム (OS) であるMinixに刺激を受け、自宅のパーソナルコンピュータ上で動作可能なUNIX OSの必要性を感じ、自分の趣味の時間と自宅の設備でLinuxカーネルの初期の開発を行った。
半生 1969年12月28日、フィンランドの首都ヘルシンキで生まれた。
父親はジャーナリストのニルズ・トーバルスで母はアンナ。
祖父は詩人のオーレ・トーバルス。
両親は1960年代にヘルシンキ大学の左翼活動家であり、父親は1970年代中頃にモスクワに一年留学している共産主義者である(後のリーナスの考えに父親が間接的に影響していることを本人は認めている)。

■ 関連書籍

Linuxカーネルの開発者で、Linuxオープンソース・プロジェクトの先導者。フィンランドのヘルシンキ大学でコンピューター科学を専攻後、1990年、UNIXをベースに独自のカーネルを採用したLinuxを開発した。1991年10月には、Linux0.02としてインターネット上で公開、大いに注目を浴びることとなった。この後、オープンソース・プロジェクトの隆盛と、ディストリビューターの増加により、またたく間にLinuxの勢力が拡大、企業でのサーバー用途でも利用されるようになった。1997年にヘルシンキ大学の研究員を退職して米国のシリコンバレーへと移住し、Crusoeを開発している米Transmeta社に一時所属したが、2003年に退社。現在は、Linuxの成長の促進を目的とするNPO、OSDL(OpenSourceDevelopmentLab)に所属している。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • カーネル
  • 開発
  • アンドリュー
  • オペレーティング
  • コンピュータ
  • システム
  • タネンバウム
  • パーソナル
  • ファイル
  • フィンランド
  • プログラマ
  • ヘルシンキ
  • 半生
  • 独裁者
  • 終身
  • 自宅
  • ソフトウェア
  • ヘルプ
  • 一般
  • 公式
  • 公開
  • 再生
  • 出身
  • 初期
  • 刺激
  • 動作
  • 動画
  • 可能
  • 国際
  • 必要性
  • 思想
  • 時間
  • 自分
  • 設備
  • 調整
  • 趣味
  • 音声
  • 音声記号