生年月日データベース

山口香やまぐちかおり

柔道選手[日本]

1964年 12月28日

山口 香(やまぐち かおり、1964年12月28日 - )は、日本の元女子柔道選手、柔道指導者。
筑波大学体育系准教授、全日本柔道連盟女子強化委員、日本オリンピック委員会理事、コナミ取締役。
元筑波大学柔道部女子監督。
段位は六段。
得意技は小内刈。
東京都豊島区生まれ。
欧州と米国の女子柔道の方がレベルが高く、日本人女性柔道家はメダルに届くことが少なかった1980年代、第3回世界選手権で日本人女性柔道家として史上初の金メダルを獲得。
ソウルオリンピックでも銅メダル獲得など、日本女子柔道が世界のトップに通用することを証明した伝説の女子柔道家として「女姿三四郎」と称賛された。
足首が異常に柔らかく、鎌のように曲げることができる(それも、直角に曲がるどころか、そのまま指を丸めることができるほどで)。
得意の小内刈を仕掛ける際に、相手の足首の裏に熱した鉛が入り込むような感じで足を刈ることができるため、普通とは比較にならないくらい、足が掛かるので、小内刈の確実性が高い。

■ 映像作品

■ 関連書籍

やまぐち-かおり 1964-昭和後期-平成時代の女子柔道選手,指導者。昭和39年12月28日生まれ。中学2年の昭和53年第1回全日本女子選手権50kg以下級で優勝し,同大会10連覇(55年からは52kg以下級)。世界女子選手権に5回出場し,59年ウィーン大会で日本女性初の金メダル。63年ソウル五輪で銅メダル。平成元年引退。16年アテネ五輪女子日本代表コーチ,19年武蔵大教授,20年筑波大准教授。23年日本オリンピック委員会(JOC)理事。25年全日本柔道連盟強化委員に就任。同年東京都教育委員会委員,日本バレーボール協会理事,全日本柔道連盟監事。東京都出身。筑波大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • オリンピック
  • コナミ
  • 全日本柔道連盟
  • 取締役
  • 女子
  • 委員会
  • 小内
  • 戦歴
  • 日本
  • 日本人
  • 東京都
  • 柔道
  • 著書
  • 豊島区
  • 連載
  • 関連
  • 雑誌
  • ソウル
  • 世界
  • 世界選手権
  • 出生
  • 勝利
  • 史上初
  • 大会
  • 女性
  • 委員
  • 強化
  • 得意技
  • 時期
  • 柔道家
  • 欧州
  • 歴任
  • 獲得
  • 理事
  • 監督
  • 筑波大学
  • 米国
  • 選手権
  • 金メダル