誕生日データベース

堀辰雄ほりたつお

作家[日本]

1904年 12月28日

堀辰雄 - ウィキペディアより引用

堀 辰雄(ほり たつお、1904年(明治37年)12月28日 - 1953年(昭和28年)5月28日)は、日本の小説家。
それまで私小説的となっていた日本の小説の流れの中に、意識的にフィクションによる「作りもの」としてのロマン(西洋流の小説)という文学形式を確立しようとした。
フランス文学の心理主義を積極的に取り入れ、日本の古典や王朝女流文学にも新しい生命を見出し、それらを融合させることによって独自の文学世界を創造した。
肺結核を病み、軽井沢に療養することも度々あり、そこを舞台にした作品を多く残した。
戦時下の不安な時代に、時流に安易に迎合しない堀の作風は、後進の世代の立原道造、中村真一郎、福永武彦、丸岡明などから支持され、彼らは堀の弟子のような存在として知られている。
戦争末期からは結核の症状が悪化し、戦後はほとんど作品の発表もできず、闘病生活を送ったが48歳で死去した。
生涯 幼少時代 1904年(明治37年)12月28日、東京府東京市麹町区麹町平河町五丁目2番地(現東京都千代田区平河町二丁目13番)にて出生。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ほりたつお [生]1904.12.28.東京[没]1953.5.28.長野,追分小説家。第一高等学校を経て1929年東京大学国文学科卒業。23年室生犀星を通じて芥川龍之介を知り深い影響を受け,芥川の自殺の衝撃を卒業論文『芥川龍之介論』(1929)および『聖家族』(30)に結晶,西欧心理主義の手法によって知性と感性の統一をはかる近代的スタイルで作家としての地位を確立した。その後喀血し長野県のサナトリウムに入り,軽井沢と東京を往復しながら,『恢復期』(31),『燃ゆる頬』(32)などの小品,連作『美しい村』(33),『物語の女』(34),連作『風立ちぬ』,『菜穂子』(41)などの,死を見つめながら生を肯定するという主題の巧緻な小説を書いた。詩誌『四季』を主宰。『かげろふの日記』(37),紀行文『大和路・信濃路』(43),絶筆『雪の上の足跡』(46)がある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 文学
  • 小説
  • 日本
  • 時代
  • フィクション
  • フランス
  • ロマン
  • 中村真一郎
  • 丸岡明
  • 主義
  • 作品
  • 古典
  • 女流
  • 小説家
  • 少年
  • 幼少
  • 心理
  • 数学
  • 王朝
  • 生涯
  • 福永武彦
  • 私小説
  • 立原道造
  • 聖家族
  • 肺結核
  • 芥川龍之介
  • 開眼
  • そこ
  • それまで
  • それら
  • ほとんど
  • 不安
  • 世代
  • 世界
  • 作りもの
  • 作風
  • 創造
  • 弟子
  • 形式
  • 彼ら
  • 後進
  • 悪化
  • 戦争
  • 戦後
  • 戦時
  • 支持
  • 時流
  • 末期
  • 死去
  • 生命
  • 生活
  • 症状
  • 療養
  • 発表
  • 確立
  • 結核
  • 舞台
  • 融合
  • 西洋
  • 軽井沢
  • 軽井沢町
  • 迎合
  • 闘病