誕生日データベース

モーリス・ウィルキンスMaurice Hugh Wilkins

分子生物学者[イギリス]

1916年 12月15日

モーリス・ウィルキンス - ウィキペディアより引用

モーリス・ヒュー・フレデリック・ウィルキンス (Maurice Hugh Frederick Wilkins, 1916年12月15日 - 2004年10月5日) はイギリスの生物物理学者。
X線構造回折の分野で多くの業績を残した。
生涯 ウィルキンスはニュージーランドのパンガロアで生まれ、6歳のときに家族とともにイギリスに引っ越す。
ケンブリッジのセントジョンズ大学で物理学を専攻し、1940年にバーミンガム大学で博士号を得る。
第二次世界大戦中にはカリフォルニア大学バークレー校でマンハッタン計画に参加する。
戦後、核物理学から離れ、ロンドンのキングス・カレッジ・ロンドンで同僚のロザリンド・フランクリンらとともにX線回折によるDNAの構造研究を始めた。
ケンブリッジ大学のキャベンディッシュにいたフランシス・クリックとジェームズ・ワトソンは、ウィルキンスらのX線回折の写真を参考にして、DNAの二重螺旋構造を推定し、フランクリンを除き、1962年にノーベル生理学・医学賞を受賞することになる。

連想語句
  • 大学
  • 物理学
  • ケンブリッジ
  • ロンドン
  • 回折
  • 構造
  • 生涯
  • カリフォルニア
  • カレッジ
  • ガロア
  • キングス
  • ニュージーランド
  • バークレー
  • バーミンガム
  • パン
  • フランクリン
  • フランシス
  • マンハッタン
  • ロザリンド
  • 世界
  • 大戦
  • 生物
  • 計画
  • とき
  • イギリス
  • ウィルキンス
  • キャベンディッシュ
  • ジェーム
  • セントジョンズ
  • デオキシリボ
  • 分野
  • 博士号
  • 参加
  • 同僚
  • 多く
  • 家族
  • 専攻
  • 戦後
  • 核酸
  • 業績