誕生日データベース

勝間和代かつまかずよ

公認会計士、経済評論家[日本]

1968年 12月14日

勝間和代 - ウィキペディアより引用
勝間 和代(かつま かずよ、1968年〈昭和43年〉12月14日 - )は、日本の著述家、評論家。
学位はファイナンス修士(専門職)(早稲田大学)。
株式会社監査と分析取締役(共同パートナー)、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授。
東京都葛飾区生まれ。
実家はテープレコーダーのヘッドケースをプレス加工で製造する町工場。
4人兄弟の末子(11歳と10歳年上に姉、8歳上に兄)。
葛飾区立住吉小学校、慶應義塾中等部、慶應義塾女子高等学校を経て慶應義塾大学商学部卒業。
早稲田大学大学院ファイナンス研究科専門職学位課程を修了し、ファイナンス修士(専門職)の学位を取得。
須田一幸教授のゼミに参加した。
高校時代から公認会計士試験の勉強を始め、23歳で公認会計士としての登録が可能となる3次試験に合格。
なお2次試験には19歳で合格しており、旧試験制度では当時の最年少記録。
2009年(平成21年)に研修(CPE)を受けなかったため日本公認会計士協会より懲戒処分を受け、2011年(平成23年)2月上旬に会計士協会に廃業届を提出した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 学位
  • メディア
  • 中央大学
  • 主張
  • 共編
  • 出演
  • 単著
  • 取締役
  • 受賞
  • 大学院
  • 客員
  • 専門
  • 教授
  • 早稲田大学
  • 東京都
  • 株式会社
  • 活動
  • 翻訳
  • 職歴
  • 著書
  • 葛飾区
  • 論文
  • 関連
  • テープ
  • パートナー
  • ファイナンス
  • 修士
  • 共同
  • 分析
  • 実家
  • 戦略
  • 監査
  • 経営