誕生日データベース

中田ダイマルなかただいまる

漫才師、中田ダイマル・ラケット[日本]

1913年 12月14日

『中田ダイマル・ラケット』より : 中田ダイマル・ラケット(なかたダイマル・ラケット)は、大阪を中心に活躍した漫才コンビである。
出囃子『拳の三味線』。
戦後の上方漫才を代表する兄弟コンビ。
「爆笑王」の異名をとった。
愛称は「ダイラケ」。
メンバー 中田ダイマル(本名:中田勇夫、1913年(大正2年)12月14日 - 1982年(昭和57年)9月5日)兵庫県川辺郡小田村金楽寺生まれ。
中田ラケット(本名:中田信夫、1920年(大正9年)3月3日 - 1997年(平成9年)2月5日)兵庫県川辺郡小田村金楽寺生まれ。
実家は農家で男6人女6人の12人兄弟でダイマルは7人目の三男、ラケットは10人目の六男だった。
ダイマルは1923年に小田第一尋常高等小学校(現在の尼崎市立下坂部小学校)を中退。
1926年に近所の大阪製麻に就職、後に職を転々。
1930年に扇子屋玉四郎一座の芸人が映画俳優になり羽振りがいいのに憧れ、家出し役者を志し一座に入るも断念。
漫才の世界へ入り、兄と中田松王・梅王という漫才コンビを結成。
後に中田デパート・ダイマルと改名し1934年に天神橋五丁目葵席が初舞台。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • メンバー
  • 中田
  • 兵庫県
  • 兄弟
  • 大正
  • 小田村
  • 川辺郡
  • ダイ
  • マル
  • 上記
  • 出演
  • 平成
  • 弟子
  • 昭和
  • 本名
  • 番組
  • 金楽寺
  • コンビ
  • ダイラケ
  • ラケット
  • 信夫
  • 勇夫
  • 実家
  • 愛称
  • 爆笑王
  • 異名
  • 農家