誕生日データベース

パーヴェル・レンネンカンプ

陸軍軍人、騎兵大将[ロシア]

1854年 4月17日

パーヴェル・レンネンカンプ - ウィキペディアより引用
エストニア エストリャンド県のバルト・ドイツ人世襲貴族出身。
1870年、ロシア帝国軍に入隊し、ヘルシンキフォルスク歩兵士官学校、参謀本部アカデミーを卒業し、将校となった。
第36アフトゥイル竜騎兵連隊長となったが、公金横領が発覚してシベリアに左遷された。

1900年~1901年の義和団事件鎮圧の際にザバイカル部隊を指揮して満州を占領したことで有名となり、ゲオルギー勲章を2度受章した唯一の指揮官となった。
日露戦争時、ザバイカル・コサック師団を指揮し、「勇気に対する」の署名の入った金製武器と剣付き一等聖スタニスラフ勲章を受章した。
奉天会戦の敗北で評価を下げたものの、終戦後第7シベリア軍団長に任命。
1905年、シベリア及び極東でのゼネラル・ストライキ鎮圧のために、ニコライ2世から排他的権限を得て鎮圧に成功し、評価を回復した。
1910年、騎兵大将に昇進し、ヴィリニュス ヴィレンスク軍管区を指揮。

「パーヴェル・レンネンカンプ」と関連する人物

連想語句
  • ロシア
  • シベリア
  • コサック
  • ザバイカル
  • ドイツ人
  • バルト
  • 会戦
  • 伝説
  • 勲章
  • 受章
  • 奉天
  • 帝国
  • 帝政
  • 戦争
  • 指揮
  • 日露
  • 満州
  • 竜騎兵
  • 義和団
  • 騎兵
  • アカデミー
  • アフトゥイル
  • エストニア
  • エストリャンド
  • ゲオルギー
  • スタニスラフ
  • ヘルシンキ
  • ヘルシンキフォルスク
  • 世襲
  • 任命
  • 入隊
  • 公金
  • 出身
  • 勇気
  • 卒業
  • 占領
  • 参謀本部
  • 唯一
  • 団長
  • 士官
  • 大将
  • 学校
  • 将校
  • 左遷
  • 師団
  • 指揮官
  • 敗北
  • 有名
  • 横領
  • 武器
  • 歩兵
  • 発覚
  • 終戦
  • 署名
  • 評価
  • 貴族
  • 軍人
  • 連隊長
  • 部隊
  • 金製
  • 鎮圧