生年月日データベース

川村純義かわむらすみよし

薩摩藩士海軍大将、伯爵[日本]

(天保7年11月11日生)

1836年 12月18日

1904年 8月12日 死去享年69歳
川村純義 - ウィキペディアより引用

川村 純義(かわむら すみよし、天保7年11月11日(1836年12月18日) - 明治37年(1904年)8月12日)は、日本の武士・薩摩藩士、海軍軍人。
階級は海軍大将。
栄典は従一位勲一等伯爵。
鹿児島県出身。
通称は与十郎。
安政2年(1855年)に江戸幕府が新設した長崎海軍伝習所へ、薩摩藩より選抜されて入所。
妻が西郷隆盛の母方の従妹にあたり、その縁もあって重用され、慶応4年(1868年)1月にはじまった戊辰戦争では薩摩藩4番隊長として各地、特に会津戦争に奮戦した。
戊辰戦争から薩摩に凱旋すると、門閥排斥の先頭に立った。
純義は藩主・島津忠義の面前で藩主の弟の島津久治を詰問し、結局久治は憂死している。
明治維新後は、明治政府の海軍整備に尽力、明治7年(1874年)には海軍ナンバー2である海軍大輔、海軍中将に任ぜられる。
西南戦争にあたっては、私学校党の火薬庫襲撃直後、鹿児島に入り、県令・大山綱良と会談、制止に努めたが、私学校党幹部による妨害もあって不首尾に終わり帰京する。

■ 関連書籍

連想語句
  • 栄典
  • 海軍
  • 藩士
  • 与十郎
  • 伯爵
  • 勲一等
  • 大将
  • 安政
  • 家族
  • 小姓
  • 川村
  • 従一位
  • 日本
  • 椎原国幹
  • 武士
  • 西郷隆盛
  • 軍人
  • 通称
  • 関連
  • 鹿児島県
  • 仮名
  • 出身
  • 大日本
  • 大綬章
  • 実弟
  • 家格
  • 帝国
  • 旭日
  • 春子
  • 最下級
  • 桐花
  • 椎原
  • 薩摩
  • 薩摩藩
  • 西郷
  • 長男
  • 階級