誕生日データベース

三木卓みきたく

詩人作家翻訳家[日本]

1935年 5月13日

三木 卓(みき たく、1935年5月13日 - )は日本の詩人、小説家。

本名、冨田三樹。
東京都に生まれるが、新聞記者だった父に連れられて一家で大連に移住、幼年期を過ごす。
しかし敗戦で引き揚げを余儀なくされ、帰国途中で父、祖母らを亡くす。
この時の体験が三木文学の根底をなしている生死の影の濃いエロティシズムの遠因と思われる(この辺りの情景は「砲撃のあとで」「ほろびた国の旅」に詳しい)。

帰国後は静岡県に育ち、母子家庭の貧困と左足の障害に苦しみながら、静岡県立静岡高等学校を経て、早稲田大学文学部露文科卒業(この少年期の記憶を辿った連作が「はるかな町」である)。

就職の後、江東区に居を構え、1967年に詩集『東京午前三時』でH氏賞、1970年に詩集『わがキディ・ランド』で高見順賞受賞。
ロシア文学の翻訳も手がける。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 文学
  • 児童
  • 実業之日本社
  • 小児麻痺
  • 小説
  • 帰国
  • 御前崎
  • 新聞
  • 日本芸術院
  • 昭和
  • 翻訳
  • 著作
  • 評論
  • 詩集
  • 随筆
  • 静岡県
  • あと
  • 一家
  • 三樹
  • 会員
  • 冨田
  • 多く
  • 大連
  • 大連市
  • 小学校
  • 少女
  • 少年
  • 左足
  • 影響
  • 情景
  • 故郷
  • 敗戦
  • 日日
  • 本名
  • 東京
  • 母子家庭
  • 満洲
  • 砲撃
  • 祖母
  • 移住
  • 編集者
  • 記者
  • 貧困
  • 辺り
  • 近く
  • 途中
  • 障害