誕生日データベース

中村健也

自動車技術者[日本]

1913年 5月13日

中村健也 - ウィキペディアより引用

中村 健也(なかむら けんや、1913年5月13日 - 1998年8月11日)はトヨタ自動車工業(現在のトヨタ自動車)の元技術者で、初代トヨペットクラウン、及び初代トヨペットコロナの開発責任者(トヨタ自動車での呼称は車両開発主査〔後にチーフエンジニアに名称変更〕)。
また、日本の自動車開発に於けるチーフエンジニア制を築いた人物でもある。
摂津国であった兵庫県西宮市出身。
1934年3月に長岡高等工業学校(現在の新潟大学工学部電気工学科)を卒業。
共立自動車製作所勤務を経て、1938年9月にトヨタ自動車工業に入社、志望として設計、実験の分野を希望していたが、出身校や溶接の知識に詳しい事が注目され挙母工場(後の本社工場)車体生産課工機係に配属され、自社での大型2000tプレス機の開発、溶接機の改良等、工場の生産能力の向上に尽力する。

「中村健也」と関連する人物

連想語句
  • 開発
  • 生産
  • 工場
  • エンジニア
  • クラウン
  • コロナ
  • チーフ
  • トヨタ
  • トヨタ自動車
  • トヨペット
  • トラック
  • 乗用車
  • 兵庫県
  • 出典
  • 受賞
  • 工業
  • 当時
  • 新潟大学
  • 書籍
  • 注釈
  • 自動車
  • 自社
  • 西宮市
  • 車体
  • 関連
  • きっかけ
  • シャーシ
  • セダン
  • トヨタ自
  • プレス
  • 上層
  • 中心
  • 主張
  • 主査
  • 入社
  • 共立
  • 出身
  • 出身校
  • 分野
  • 初代
  • 勤務
  • 卒業
  • 台数
  • 名称
  • 向上
  • 呼称
  • 商品
  • 変更
  • 大型
  • 学校
  • 実験
  • 小型
  • 少数
  • 尽力
  • 工学科
  • 工学部
  • 工機
  • 希望
  • 志望
  • 挙母
  • 改良
  • 日本
  • 本社
  • 注目
  • 溶接
  • 溶接機
  • 現在
  • 発言
  • 知識
  • 能力
  • 製作所
  • 設計
  • 責任者
  • 車両
  • 配属
  • 長岡
  • 電気
  • 高等