生年月日データベース

吉良上野介きらこうずけのすけ

江戸幕府高家肝煎[日本]

(赤穂浪士の討ち入りで討ち取られる、寛永18年9月2日生)

1641年 10月5日

1703年 1月31日 死去討死享年63歳
吉良上野介 - ウィキペディアより引用

『吉良義央』より : 吉良 義央(きら よしひさ/よしなか(名前の読みについては後述を参照。
))は、江戸時代前期の高家旗本。
高家肝煎。
赤穂事件の一方の当事者であり、同事件に題材をとった創作作品『忠臣蔵』では敵役として描かれる。
幼名は三郎、通称は左近。
従四位上・左近衛権少将、上野介(こうずけのすけ)。
吉良上野介と呼ばれることが多い。
本姓は源氏(清和源氏)。
家紋は丸に二つ引・五三桐。
生涯 出自 寛永18年(1641年)9月2日、高家旗本・吉良義冬(4,200石)と酒井忠勝の姪(忠吉の娘)の嫡男として、江戸鍛冶橋の吉良邸にて生まれる。
一説によれば、陣屋があった群馬県藤岡市白石の生まれともされる。
義冬の母が高家今川家出身であるため、今川氏真の玄孫にあたる。
継母は母の妹。
弟に東条義叔(500石の旗本)、東条義孝(切米300俵の旗本)、東条冬貞(義叔養子)、東条冬重(義孝養子)、孝証(山城国石清水八幡宮の僧侶・豊蔵坊孝雄の弟子)の5人がいる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

寛永18年9月2日(1641年10月6日) - 元禄15年12月15日(1703年1月31日) 諱は義央(よしひさ)。江戸時代の旗本。高家肝煎。 「忠臣蔵」における仇役として知られる。 物語では悪人として描かれているが、地元では名君として慕われていたという。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 事件
  • 源氏
  • 高家
  • 吉良
  • 上野介
  • 偏諱
  • 備考
  • 出自
  • 名前
  • 名門
  • 大名
  • 大石
  • 家柄
  • 家紋
  • 廊下
  • 忠臣蔵
  • 最期
  • 本姓
  • 江戸っ子
  • 生涯
  • 田舎
  • 縁戚
  • 義央
  • 肝煎
  • 評価
  • 赤穂
  • 通称
  • 関係
  • 一方
  • 三桐
  • 三郎
  • 上野
  • 二つ
  • 仮名
  • 伝記
  • 作品
  • 創作
  • 少将
  • 左近
  • 左近衛
  • 幼名
  • 当事者
  • 敵役
  • 近衛府
  • 題材