誕生日データベース

伊藤真一いとうしんいち

オートバイレーサー[日本]

1966年 12月7日

伊藤真一 - ウィキペディアより引用

伊藤 真一(いとう しんいち、1966年12月7日 - )は、宮城県角田市出身のオートバイロードレースライダー。
仙台SOSモデルエージェンシー所属。
宮城県岩沼市でGARAGE EDIFICE(ガレージ エディフィス)を経営する実業家としての顔も持ち合わせる。
1980 - 1990年代 その端整なルックスと国際A級昇格と同時にホンダ・レーシング(HRC、ホンダワークス)入り、しかも当時の最高峰、全日本ロードレース選手権・GP500クラスにいきなり参戦することで『シンデレラボーイ』と騒がれた。
初期の頃は上位フィニッシュか転倒かの両極端なレース展開であった。
1990年には、1987年から3年連続全日本の500チャンピオンに君臨していたヤマハの藤原儀彦を降し初の全日本タイトルを獲得。
ロードレース世界選手権(WGP)デビューは1988年の日本グランプリ、3番手まで浮上したものの1コーナーにて転倒。
WGPフル参戦は1993年から、1996年までの4年間を戦うが最高位は2位。
1997年からはホンダに『鈴鹿8耐で勝ってくれ』との使命を受け戦いの場を再び日本へと移す。

■ 映像作品

■ 関連書籍

芸名伊藤真一 性別男性 身長180cm 靴のサイズ28cm 職種スポーツ プロフィールオートバイロードレースライダー。宮城県岩沼市でGARAGEEDIFICE(ガレージエディフィス)を経営する実業家としての一面もある。主な受賞歴(優勝)は、1990年『全日本選手権GP500』、1998年『全日本選手権SB』、2005年『全日本選手権JSB1000』、2006年『全日本選手権JSB1000』『鈴鹿8時間耐久ロードレース』等。 代表作品NHK『スポーツ大陸』(2009) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • レース
  • ロード
  • エージェンシー
  • テレビ
  • モデル
  • ライダー
  • 世界選手権
  • 仙台
  • 全日本
  • 出典
  • 岩沼市
  • 戦績
  • 注釈
  • 耐久
  • 記録
  • 選手権
  • 鈴鹿
  • 関連
  • エディフィス
  • オートバイ
  • ガレージ
  • 実業家
  • 宮城県
  • 所属
  • 経営