誕生日データベース

水谷新太郎みずたにしんたろう

プロ野球選手[日本]

1953年 12月7日

水谷新太郎 - ウィキペディアより引用

水谷 新太郎(みずたに しんたろう、1953年12月7日 - )は、三重県松阪市出身の元プロ野球選手(内野手)。
三重高校では遊撃手として1971年の第43回選抜高等学校野球大会に出場。
1回戦で近大付の中司得三投手に抑えられ敗退。
同年夏の甲子園予選では三岐大会準決勝で長良高に敗れる。
高校1期下のチームメートに左翼手の新谷嘉孝がいた。
1972年、ドラフト9位でヤクルトアトムズに入団。
プロ入り2年目から右打ちを左打ちに変更し、5年目の1976年から遊撃手として一軍に定着した。
1978年の阪急ブレーブスとの日本シリーズでは全7戦に八番打者として先発出場、20打数3安打に終わるが、守備の要として日本一に貢献している。
打撃面でのひ弱さも徐々に克服し、1982年には初の規定打席(30位、打率.255)に到達。
1985年までレギュラーを任される。
1986年は二塁手に回ったが、その後は段々と出場機会が減り、1990年限りで現役引退。
翌1991年はヤクルトの守備走塁コーチに就任。
その後、2007年スカウトに転身し、東北担当として佐藤由規・山本斉の両高校生を担当していた。

プロ野球、ヤクルトスワローズの選手。 右投左打、ポジションは遊撃手。背番号は40→6番。 1953年12月7日生まれ。三重県出身。 三重高校より1972年、ドラフト9位でヤクルトアトムズに入団。 1976年、遊撃手のレギュラーとなる。 1990年、現役引退。 1991年より、ヤクルトスワローズ二軍走塁コーチを務める。 2003年、一軍に昇格。 (引用元 Hatena Keyword)

「水谷新太郎」と関連する人物

連想語句
  • 学校
  • 高等
  • プロ野球
  • スタイル
  • プレー
  • 三重
  • 三重県
  • 中司得三
  • 中学校
  • 内野手
  • 大会
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 投手
  • 松阪市
  • 背番号
  • 記録
  • 詳細
  • 遊撃手
  • 選手
  • 選抜
  • 野球
  • 関連
  • しんたろう
  • みずたに
  • コーチ
  • 出場
  • 出身
  • 敗退
  • 新太郎
  • 水谷
  • 近大
  • 近畿大学
  • 附属
  • 高校