誕生日データベース

森下洋子もりしたようこ

バレリーナ[日本]

1948年 12月7日

森下 洋子(もりした ようこ、1948年12月7日 - )は、広島県広島市江波(現中区江波)出身のバレリーナ。
日本の著名なプリマバレリーナ。
日本で初めて国際的に活躍したプリマであり、”東洋の真珠”と謳われた。
1974年ヴァルナ国際バレエコンクールで日本人初の金メダル。
1978年芸術選奨、1985年日本芸術院賞、同年日本人初のローレンス・オリヴィエ賞、2011年高松宮殿下記念世界文化賞など数々受賞。
1997年女性最年少での文化功労者選出。
広島県県民栄誉賞受賞、広島市名誉市民。
正確なテクニックと演技力で、海外の多くのステージでプリマとして客演務め、英国、アメリカ、中国などで主演公演『白鳥の湖』『ジゼル』『くるみ割り人形』『ドン・キホーテ』『眠れる森の美女』他を行い多くの観衆を魅了、世界のプリマバレリーナとして活躍。
また海外の国際バレエコンクールの審査員もつとめる。
松山バレエ団団長。
世界のバレエ団からのオファーを断り日本を拠点に活動している。
既にバレエ歴は60年を超え還暦を過ぎた現在もバレリーナとして活動し続けている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

もりしたようこ [生]1948.12.7.広島舞踊家。3歳でバレエを始め,橘秋子,牧阿佐美,イゴール・シュベッツォフらに師事。1971年松山樹子夫妻が創設した松山バレエ団に入団,以来同団のプリマバレリーナを務める。1974年バルナ国際バレエ・コンクールに清水哲太郎(のちに結婚)と出場,第1位金賞を受賞。『ドン・キホーテ』『ジゼル』でR.ヌレエフと共演するなど,世界各地のバレエ団で踊り,高い評価を得た。2001年松山バレエ団の団長に就任。1977年芸術選奨文部大臣賞,1985年日本芸術院賞を受賞。1997年文化功労者。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • バレリーナ
  • バレエ
  • プリマ
  • ヴァルナ
  • 国際
  • コンクール
  • バレヱ
  • 中区
  • 出演
  • 学校
  • 幼少期
  • 日本
  • 日本人
  • 日本芸術院
  • 映画
  • 松山
  • 芸術
  • 著書
  • 選奨
  • 関連
  • オリ
  • ローレンス
  • ヴィ
  • 出身
  • 同年
  • 広島市
  • 東洋
  • 江波
  • 活躍
  • 真珠
  • 著名
  • 金メダル