誕生日データベース

舟越保武ふなこしやすたけ

彫刻家[日本]

1912年 12月7日

舟越保武 - ウィキペディアより引用

舟越 保武(ふなこし やすたけ、1912年12月7日 - 2002年2月5日)は佐藤忠良と共に戦後日本を代表する彫刻家。
新制作協会彫刻部創立会員。
東京藝術大学名誉教授。
文化学院出身で画家の妻道子との間に子供6人。
次男の舟越桂や三男の舟越直木も彫刻家として活躍。
生涯 1912年、岩手県二戸郡一戸町小鳥谷生まれ。
父親が熱心なカトリック信者だった。
県立盛岡中学校(現岩手県立盛岡第一高等学校)在学中(同期に松本俊介)に高村光太郎訳の「ロダンの言葉」に感銘を受け、彫刻家を志す。
1939年 東京美術学校(後の東京藝術大学)彫刻科を卒業。
このとき出会った佐藤忠良とは終生の友情を培うことになり、二人は戦後の日本彫刻界を牽引していく。
卒業後、独学で石彫をはじめ、数々の作品を発表して注目される。
1950年、長男が生まれて間もなく急死したのを機に、自らも洗礼を受けてカトリックに帰依、キリスト教信仰やキリシタンの受難を題材とした制作が増える。
1967年から1980年の間、東京芸術大学教授を務める。
その後、多摩美術大学教授を務めた。
1986年、東京芸術大学名誉教授に。

■ 関連書籍

ふなこしやすたけ [生]1912.12.7.岩手,盛岡[没]2002.2.5.東京,世田谷彫刻家。典麗,端正,優雅な具象彫刻作家として,第2次世界大戦後の日本美術界に毅然たる存在感を示した。小鳥谷駅長でカトリック信者の父保蔵の三男として生まれ,1925年旧制盛岡中学校に入学。17歳のとき,高村光太郎訳『ロダンの言葉』に接し,生涯を通じ,決定的な出会いとなる(→ロダン)。1934年東京美術学校彫刻科に入学。同じ科の佐藤忠良と終生変わらぬ交友が始まる。戦後,盛岡で家族全員がカトリックの洗礼を受けてから,『ローラ』『聖クララ』などのじか彫り大理石像を通じ,信仰の純潔,誠心,崇高さを詩情を交えて表明し続けたが,一方『長崎二十六殉教者記念像』(1962高村光太郎賞),『原の城』(1972中原悌二郎賞),晩年左手で制作した『ゴルゴダ』などの凄絶さが,内面の葛藤を物語る。1978年芸術選奨文部大臣賞を受賞。1967~80年東京芸術大学教授を務め,1999年文化功労者に選ばれた。 (引用元 コトバンク)

「舟越保武」と関連する人物

連想語句
  • 生涯
  • 作品
  • 彫刻
  • 大学
  • 学校
  • 彫刻家
  • 東京
  • 盛岡
  • 県立
  • 藝術
  • カトリック
  • 一戸町
  • 二戸郡
  • 俊介
  • 協会
  • 受賞歴
  • 名誉教授
  • 場所
  • 学院
  • 岩手
  • 岩手県
  • 文化
  • 新制作
  • 松本
  • 画家
  • 直木
  • 舟越
  • 舟越桂
  • 設置
  • 関連
  • 高村光太郎
  • 高等
  • ロダン
  • 三男
  • 中学校
  • 会員
  • 信者
  • 出身
  • 創立
  • 同期
  • 在学
  • 子供
  • 小鳥谷
  • 感銘
  • 教会
  • 東京美術
  • 次男
  • 活躍
  • 父親
  • 言葉
  • 道子