誕生日データベース

与謝野晶子よさのあきこ

歌人作家[日本]

1878年 12月7日

1942年 5月29日 死去享年65歳
与謝野晶子 - ウィキペディアより引用

与謝野 晶子(正字: 與謝野 晶子、よさの あきこ、1878年(明治11年)12月7日 - 1942年(昭和17年)5月29日)は、日本の歌人、作家、思想家。
本名与謝野 志よう(よさの しょう)。
旧姓鳳(ほう)。
ペンネームの「晶子」の「晶」は、本名の「しょう」から取った。
夫は与謝野鉄幹(与謝野寛)。
1921年(大正10年)、夫・鉄幹と共に文化学院創設。
鳳志ようは、堺県和泉国第一大区甲斐町(現在の大阪府堺市堺区甲斐町西1丁)で老舗和菓子屋「駿河屋」を営む、父・鳳宗七、母・津祢の三女として生まれた。
家業は没落しかけており、3人目の女の子であったため両親から疎まれて育つ。
実の兄にはのちに電気工学者となる鳳秀太郎がいた。
9歳で漢学塾に入り、琴・三味線も習った。
堺市立堺女学校(現・大阪府立泉陽高等学校)に入学すると『源氏物語』などを読み始め古典に親しんだ。
また兄の影響を受け、「十二、三のころから、『柵草紙』(後には『めざまし草』)『文学界』や紅葉、露伴、一葉などの小説を読むのが一番の楽しみ」(『明星』1906年年5月)であった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

作家、歌人。 明治11〜昭和17年(1878年12月7日〜1942年5月29日) 大阪府堺市にて生まれ育つ。 情熱的な作品が多い歌集『みだれ髪』(1901年)や日露戦争の時に歌った『君死にたまふことなかれ』が有名。 源氏物語について独特の見解を示したことでも有名。(「藤裏葉」までを紫式部の作とし、「若菜 上」以後を和歌が優れているとして大弐三位の作とする) 夫は与謝野鉄幹(与謝野寛)。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 与謝野
  • 作家
  • 歌人
  • 関連
  • しょう
  • ロマン
  • 主義
  • 代表
  • 児童
  • 子ども
  • 家族
  • 思想家
  • 戸籍
  • 日本
  • 旧姓
  • 明星
  • 業績
  • 自著
  • 著作
  • 評論家
  • 鉄幹
  • やう
  • よさの
  • ペンネーム
  • 文学
  • 文芸
  • 晶子
  • 本名
  • 発表
  • 短歌
  • 雑誌