誕生日データベース

ヨハン・ホイジンガJohan Huizinga

歴史学者[オランダ]

1872年 12月7日

1945年 2月1日 死去享年74歳
ヨハン・ホイジンガ - ウィキペディアより引用
ヨハン・ホイジンガ、またはホイジンハ(蘭: Johan Huizinga、1872年12月7日 - 1945年2月1日)はオランダの歴史家。
サンスクリット文献研究から歴史研究に転じた。
『中世の秋』『ホモ・ルーデンス』などの著作で知られる。
生涯 フローニンゲンに生まれる。
フローニンゲン大学で文学を学び、卒業後ハールレムで中等教育の教鞭(きょうべん)をとったが歴史学への転身を図り、論文「ハールレム市の成立」を作成し、1905年フローニンゲン大学外国史・国史学教授に就任。
1915年ライデン大学外国史・歴史地理学教授に転任してライデンに住んだ。
1940年ナチス・ドイツ軍のオランダ占領によって事実上閉鎖されるまで、同大学教授職にあった。
1942年占領軍によって居住地域を限定され、アルンヘム近郊デ・ステークに住み、1945年2月同所で死去。
主著『中世の秋』は、1919年に出版された。
ブルクハルトの『イタリアにおけるルネサンスの文化』が15、6世紀のイタリアに観察の視線を限定しているのに対し、ホイジンガは、14、5世紀のフランスとネーデルラントに実証的調査と史的想像力の翼を広げる。

■ 関連書籍

「ヨハン・ホイジンガ」と関連する人物

連想語句
  • フローニンゲン
  • 大学
  • 生涯
  • ライデン
  • ハールレム
  • オランダ
  • サンスクリット
  • スラント
  • フリー
  • 外国
  • 年譜
  • 思想
  • 教授
  • 日本
  • 歴史
  • 著書
  • 言及
  • きょう
  • べん
  • ホモ
  • ルーデンス
  • 中世
  • 中等
  • 作成
  • 卒業
  • 史学
  • 地理学
  • 就任
  • 成立
  • 教育
  • 教鞭
  • 文学
  • 歴史学
  • 歴史家
  • 著作
  • 論文
  • 転任
  • 転身