生年月日データベース

矢野輝弘やのあきひろ

プロ野球選手[日本]

1968年 12月6日

矢野輝弘 - ウィキペディアより引用

矢野 燿大(やの あきひろ、本名:矢野 輝弘/読み同じ、1968年12月6日 - )は、大阪市東住吉区(現在の平野区)瓜破出身の元プロ野球選手(捕手、外野手)。
2010年に阪神タイガースで現役を引退してからは、朝日放送・サンテレビの野球解説者やスポーツニッポン大阪本社の野球評論家として活動。
その一方で、2013年11月からは、野球日本代表のバッテリーコーチを務めた。
2016年からは、阪神の一軍作戦兼バッテリーコーチを担当。
プロ入り前 小学2年生から地元の少年野球チームで野球を始め、当初は遊撃手だったが、チームの捕手がケガをして以降は捕手を務めた。
大阪市立瓜破中学校では当時野球部がなく、バスケットボール部に所属していた。
大阪市立桜宮高等学校へ進学してからは、同級生の河本栄得・高山知浩とともに硬式野球部へ入部。
矢野は、少年野球時代の活躍を知る当時の監督・伊藤義博によって、1年生からレギュラーに抜擢された。
伊藤が1年後に東北福祉大学の硬式野球部監督へ転じてからは、投手以外の全ポジションを経験しつつ、1年後輩の土井善和とバッテリー、高山とクリーンナップを組むまでに成長(後述)。

■ 映像作品

プロ野球選手。 1968年12月6日生まれ、大阪府大阪市平野区出身、身長181cm体重83kg。ポジションは捕手。右投右打。O型。 大阪市立桜宮高校から東北福祉大学を経て、1990年のドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受けて入団。ただし中日時代は星野仙一監督(当時)から捕手失格の烙印を押され、外野を守る事が多かった。 98年からトレードで阪神タイガースに移籍後は野村克也監督の下で捕手として大成し、監督が中日時代と同じ星野氏に代わっても正捕手の座を守った*1。 2003年、打っては打率.327、14本塁打、79打点、捕手としてもシーズン通して投手陣を引っぱり、チームのセ・リーグ優勝の原動力となり、「恐怖の7番バッター」の異名を持つことになる。 2004年よりシーズンオフ限定でABCラジオ「矢野輝弘のど〜んと来い!?」のパーソナリティを務めている。 2009年オフに登録名を「矢野燿大」へ変更して臨むも、右肘負傷からの回復に目途が立たなかったため、2010年シーズン限りで引退。引退後も「燿大」表記のまま、解説者や、国際大会での代表チームバッテリーコーチなどで活躍。2015年オフ、翌年より一軍監督就任が決まった金本知憲と共に、コーチとして阪神復帰。 ドラフト会議で名前を「てるひろ」と読み間違えられたため、中日時代は星野監督から「テル」と呼ばれていた。 女性ファンが多いことでも知られる*2。また、ヒーローインタビューでは「必死のパッチ」をよく使うことでもおなじみ。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 野球
  • プロ
  • コーチ
  • サンテレビ
  • スポーツニッポン
  • バッテリー
  • プロ野球
  • 代表
  • 外野手
  • 大阪市
  • 平野区
  • 捕手
  • 日本
  • 朝日放送
  • 東住吉区
  • 瓜破
  • 矢野
  • 解説者
  • 評論家
  • 選手
  • 阪神タイガース
  • あきひろ
  • やの
  • 一方
  • 一軍
  • 中日
  • 二軍
  • 作戦
  • 出身
  • 大阪
  • 大阪府
  • 就任
  • 引退
  • 復帰
  • 指導者
  • 時代
  • 本名
  • 本社
  • 活動
  • 燿大
  • 現在
  • 現役
  • 監督
  • 輝弘
  • 阪神