生年月日データベース

菅義偉すがよしひで

政治家[日本]

1948年 12月6日 生 (満69歳)

菅義偉 - ウィキペディアより引用

菅 義偉(すが よしひで、1948年12月6日 - )は、日本の政治家。
自由民主党所属の衆議院議員(7期)、内閣官房長官(第81・82代)。
自民党幹事長代行、総務大臣(第7代)、内閣府特命担当大臣(地方分権改革)、郵政民営化担当大臣、横浜市会議員(2期)等を歴任。
生い立ち 秋田県雄勝郡秋ノ宮村(のちの雄勝町、現湯沢市秋ノ宮)中央部旧国道沿いに家があった農家に長男として生まれる。

家族は父、母、と姉2人、弟1人。
父・菅和三郎は、南満州鉄道職員として満州国首都通化市で日本の降伏を迎えた。
引き揚げ後、郷里秋ノ宮で農耕に従事。
「秋の宮いちご」のブランド化に成功して、秋の宮いちご生産出荷組合組合長や、雄勝町議会議員、湯沢市いちご生産集出荷組合組合長などを歴任し、2010年に93歳で死去した。
母は元教員。
雄勝町立秋ノ宮小学校卒業後、雄勝町立秋ノ宮中学校(統合により現在は「湯沢市立雄勝中学校」)に進学。
中学卒業後は、自宅から最も近い秋田県立湯沢高等学校に、2時間かけて通学し、第3学年では進学組に所属。

■ 関連書籍

すが-よしひで 1948-昭和後期-平成時代の政治家。昭和23年12月6日生まれ。衆議院議員・小此木彦三郎秘書をへて,昭和62年横浜市会議員。平成8年衆議院議員初当選(当選7回,自民党)。14年国土交通相政務官。16年自民党国会対策副委員長。総務副大臣をへて,第1次安倍内閣で総務相,郵政民営化担当相,地方分権改革担当相として初入閣。24年自民党幹事長代行。同年第2次安倍内閣で内閣官房長官,国家安全保障強化担当。26年第2次安倍改造内閣,第3次安倍内閣で内閣官房長官に留任し,沖縄基地負担軽減担当となる。秋田県出身。法大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大臣
  • 内閣
  • 担当
  • 総務
  • 安倍
  • 議員
  • 官房
  • 長官
  • 内閣府
  • 幹事
  • 特命
  • 衆議院
  • 代行
  • 分権
  • 地方
  • 基地
  • 市議会
  • 改革
  • 横浜
  • 沖縄
  • 自由民主党
  • 郵政民営化
  • 国会議員
  • 市会
  • 市会議員
  • 日本
  • 歴代
  • 歴任
  • 自民党
  • 負担
  • 軽減