誕生日データベース

宮崎義一みやざきよしかず

経済学者[日本]

1919年 12月5日

宮崎 義一(みやざき よしかず、1919年12月5日 - 1998年5月20日)は日本の経済学者。
京都大学名誉教授、経済学博士(北海道大学、1961年)。
元日本学士院会員。
経済政策に通じ、日本経済の分析を行った。
東京商科大学(現一橋大学)で杉本栄一、都留重人らの指導を受けた。
大学卒業後、海軍士官となり、1946年12月横浜高等商業学校(現横浜国立大学)に就職。
『複合不況』(中公新書)はベストセラーになり、1992年の新語・流行語大賞にもなった。
『世界経済をどう見るか』で毎日出版文化賞。
論文「過当競争の論理と現実」(1962年)でエコノミスト賞を受賞。
大学同期の長洲一二元神奈川知事の後援会「長洲一二と県民の会」代表も務めた。
蔵書のうち経済学関連の和書は福井県立大学に収められている。
家族 妹:1926年生まれ。
元中学校教諭。
大阪府女子専門学校 (旧制)卒業。
妻:1927年生まれ。
横浜共立学園卒業。
長男:宮崎耕一(1949年生まれ。
経済学者、法政大学経済学部教授、横浜国立大学経済学部卒、東京大学大学院経済学研究科単位取得満期退学。

■ 関連書籍

連想語句
  • 経済
  • 日本
  • 会員
  • 共編
  • 共著
  • 出典
  • 北海道大学
  • 単著
  • 博士
  • 受賞
  • 名誉教授
  • 商科
  • 大学
  • 学会
  • 学士院
  • 学歴
  • 家族
  • 旧制
  • 東京
  • 活動
  • 編著
  • 職歴
  • 著書
  • 訳書
  • 分析
  • 政策