誕生日データベース

芦屋小雁あしやこがん

俳優[日本]

1933年 12月4日

芦屋 小雁(あしや こがん、1933年12月4日 - )は、日本の喜劇俳優。
所属事務所は小雁倶楽部、さち子プロ。
本名、西部 秀郎(にしべ ひでお)。
来歴・人物 京都府京都市出身。
兄に俳優の芦屋雁之助、弟に芦屋雁平(初代芦屋凡凡)がいる。
西部里菜は姪。
身長155cm、体重74kg。
1959年に 花登筺、大村崑、芦屋雁之助らと共に劇団「笑いの王国」を結成する。
1960年、兄・雁之助、大村とともに3組合同による『テレビ結婚式』を行い、最初の結婚。
1961年 、兄弟で出演したテレビ『番頭はんと丁稚どん』で人気を博す。
1964年 に劇団「喜劇座」を結成。
芦屋三兄弟で最初の吉本新喜劇デビューは雁之助ではなく小雁だった。
1960年代からSF映画・ホラー映画の蒐集を始め、日本有数のフィルムコレクターとしても知られる。
家庭用ビデオ機器が普及していない頃から、日本国外より闇の複製フィルムなど多数のフィルムを入手して、1985年当時には500本余りのコレクションを築く。

■ 映像作品

■ 関連書籍

芸名芦屋小雁 性別男性 生年月日1933/12/04 星座いて座 干支酉年 血液型A 出身地京都府 身長155cm 体重68kg ブログタイトル芦屋小雁オフィシャルブログ ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kogan_001/ 靴のサイズ24.5cm 職種タレント・俳優・女優 好きな映画ホラー映画 趣味・特技不思議探し/絵を描くこと/フィルムコレクター/映写機コレクター プロフィール幼少のころ、商業美術の道を目指すが、当時、花形であった漫才に惹かれ、兄・芦屋雁之助と共に、1950年頃より京都・大阪を中心に客席劇場に出演する。その後、テレビ放送が始まると同時に拠点を大阪に移し、週10本のレギュラーに出演する人気タレントとなる。1959年、芦屋雁之助を含む当時の仲間と共に、劇団「笑いの王国」を結成。1964年には芦屋雁之助を座長に、弟、芦屋雁平を加えて、劇団「喜劇座」を結成し、数多くの作品を残す。舞台公演、テレビ、ラジオにも数多く出演。書籍の執筆や、人物画、遊び絵などにも熱中する。 代表作品テレビ『はんなり菊太郎2』・『番頭はんと丁稚どん』/映画『長崎ぶらぶら節』・『悪名市場』/著書『ドラキュラ百科』・『シネマで夢を見てたいねん』 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 芦屋
  • さち子
  • オリジナル
  • テレビドラマ
  • ビデオ
  • プロ
  • 京都市
  • 京都府
  • 倶楽部
  • 出典
  • 出演
  • 小雁
  • 映画
  • 番組
  • 芦屋雁之助
  • 著書
  • 関連
  • 雁平
  • にしべ
  • ひでお
  • プロレタリア
  • 交通
  • 京都
  • 俳優
  • 出身
  • 初代
  • 劇団
  • 勤務
  • 友禅染
  • 地方
  • 巡業
  • 工場
  • 本名
  • 演劇
  • 漫才
  • 父親
  • 秀郎
  • 職場
  • 芸人
  • 芸界
  • 西部
  • 長兄
  • 雁之助