誕生日データベース

山本英一郎

プロ野球選手[日本]

1919年 5月12日

山本 英一郎(やまもと えいいちろう、1919年(大正8年)5月12日 - 2006年(平成18年)5月26日)は、日本のアマチュア野球組織に携わった人物である。
来歴・人物 岡山県出身。
台北第一中、慶應義塾大学を卒業後、社会人野球の鐘淵紡績(鐘紡、現在は廃部)でプレー(いずれも外野手)。
その後アマチュアの審判員や解説者を経て、1964年に社会人野球協会(現日本野球連盟)へ。
山本は野球の国際化を自らのライフワークとしており、国際野球連盟(IBAF)の日本代表として派遣されるたびに、野球をオリンピックの競技として世界に普及すべきであるとの持論を繰り返し主張、またIOC総会が開かれるたびにIBAFの一員としてロビー活動に精力的に取り組んだ。
その結果IBAF加盟国は100を超え、1984年のロサンゼルスオリンピックで野球は公開競技として採用され、1992年のバルセロナオリンピックにおいては、正式競技として採用された。
連想語句
  • 野球
  • オリンピック
  • アマチュア
  • 連盟
  • 競技
  • 国際
  • 日本
  • 社会人
  • たび
  • バルセロナ
  • ロサンゼルス
  • 公開
  • 台北
  • 国内
  • 外野手
  • 山本
  • 岡山県
  • 慶應義塾大学
  • 採用
  • 派遣
  • 組織
  • いずれ
  • とき
  • クラシエ
  • プレー
  • ホールディングス
  • ライフ
  • ロビー
  • ワーク
  • 一員
  • 世界
  • 中学
  • 主張
  • 代表
  • 全日本
  • 出身
  • 加盟
  • 卒業
  • 協会
  • 団体
  • 審判
  • 市立
  • 廃部
  • 建国
  • 持論
  • 普及
  • 正式
  • 活動
  • 現在
  • 発足
  • 紡績
  • 結果
  • 統括
  • 総会
  • 自ら
  • 解説者
  • 選手
  • 鐘淵
  • 鐘紡
  • 高級