誕生日データベース

斎藤実さいとうまこと

海軍大将、内閣総理大臣、子爵[日本]

(安政5年10月27日生)

1858年 12月2日

1936年 2月26日 死去射殺享年79歳
斎藤実 - ウィキペディアより引用

斎藤 実(さいとう まこと、旧字体:齋藤 實、1858年12月2日(安政5年10月27日) - 1936年(昭和11年)2月26日)は、日本の海軍軍人、政治家。
階級は海軍大将。
位階は従一位。
勲等は大勲位。
功級は功二級。
爵位は子爵。
出生時の名前は富五郎(とみごろう)といったが、海軍兵学校卒業後に改名した。
号は皋水(こうすい)。
海軍大臣を第一次西園寺・第二次桂・第二次西園寺・第三次桂・第一次山本の5内閣でつとめた後、ジュネーブ海軍軍縮会議の主席全権を挟んで朝鮮総督を2期つとめた。
五・一五事件のテロ後の混迷した政局を内閣総理大臣(第30代)として安静化させ、当時としては長い2年1か月の政権を保った。
その後内大臣となって宮中にまわったが、直後に二・二六事件で射殺された。
生い立ち 仙台藩水沢城下(現在の岩手県奥州市水沢区)に、当地を地方知行により治めていた水沢伊達氏に仕える藩士・斎藤軍記(耕平)高庸の子として1858年(安政5年)に生まれた。

■ 関連書籍

斎藤実(1858-1936) 海軍軍人・政治家。第30代内閣総理大臣。岩手県生まれ。 五・一五事件の後、犬養毅内閣の後を次いで総理大臣となる。政党や軍部などから均等に閣僚を起用する「挙国一致内閣」をつくった。斎藤内閣の成立によって、政党政治は終わりを告げたと言える。 その後、満州国建国や国際連盟脱退など強硬政策をとったが、帝人事件により総辞職。 二・二六事件で暗殺される。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 海軍
  • 内閣
  • 事件
  • 子爵
  • 西園寺
  • 大臣
  • シーメンス
  • ジュネーブ
  • 五・一五
  • 会議
  • 位階
  • 勲等
  • 大勲位
  • 大将
  • 大日本
  • 山本
  • 帝国
  • 従一位
  • 政治家
  • 日本
  • 朝鮮
  • 爵位
  • 犬養毅
  • 総督
  • 軍人
  • 軍縮
  • 階級
  • あいだ
  • あと
  • こうすい
  • ごろう
  • とみ
  • 主席
  • 全権
  • 兵学校
  • 出生
  • 卒業
  • 名前
  • 大綬章
  • 富五郎
  • 将校
  • 引責
  • 改名
  • 殺害
  • 汚職
  • 称号
  • 菊花
  • 辞任
  • 首相
  • 齋藤