生年月日データベース

足利義輝あしかがよしてる

室町幕府第13代将軍[日本]

(天文5年3月10日生)

(ユリウス暦) 1536年 3月31日

(ユリウス暦) 1565年 6月17日 死去斬殺享年30歳
足利義輝 - ウィキペディアより引用

足利 義輝(あしかが よしてる)は、室町時代後期(戦国時代)の室町幕府第13代征夷大将軍(在職:1546年 - 1565年)。
生涯 少年期 天文5年(1536年)3月10日、第12代将軍・足利義晴の嫡男として東山南禅寺で生まれる。
幼名を菊童丸。
誕生直後に外祖父・近衛尚通の猶子となる(『後法成寺関白記』天文5年3月11日・4月6日条)。
この頃の幕府では父・義晴と管領の細川晴元が互いの権威争いで対立し、義晴は戦をするたびに敗れて近江坂本に逃れ、菊童丸もそれにたびたび従った。
その後も父と共に京への復帰と近江坂本・朽木への脱出を繰り返した。
天文15年(1546年)12月、菊童丸はわずか11歳にして、父から幕府将軍職を譲られる。
父・義晴がかつて11歳で元服・将軍宣下を行ったことに加え、自身が健在のうちに実子に将軍の地位を譲ってこれを後見する考えがあったとされる。
このときの将軍就任式は亡命先である近江坂本の日吉神社(現日吉大社)祠官・樹下成保の第で行われ、六角定頼を烏帽子親として元服し、義藤(よしふじ)と名乗った。

■ 関連書籍

足利幕府第十三代将軍。1536年〜1565年 剣豪将軍として知られる。父は足利義晴。 足利幕府の力は衰えており、将軍自身も上位権力者と言うよりは幕府の実権を争うプレイヤーの一人に過ぎず、当時の実力者三好長慶との対立のためにしばしば京都を追われた。 京都帰還後は積極的に各地の大名間の争いを調整したり等、積極的に幕府威信の向上に努めた。しかし、長慶の死後、この動きを快く思わなかった松永久秀らによる攻撃を受ける。 義輝自身は塚原卜伝から奥義を授けられたほどの剣術の達人であったので、自ら刀を振るって敵勢多数を死傷したが、最後には討たれた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 三好長慶
  • 偏諱
  • 公家
  • 墓所
  • 将軍
  • 少年期
  • 年表
  • 戦い
  • 最期
  • 武家
  • 治世
  • 生涯
  • 系譜
  • 義輝
  • 肖像
  • 親政
  • 関連
  • 題材
  • 永禄
  • 注釈